BitpayのCOO「ビットコイン(BTC)は決済手段として有益」と語ったその理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Bitpay(ビットペイ)社は企業向けに仮想通貨を利用した決算ソリューションを提供していますが、2017年で米ドル換算で12億ドル(約1335億円)にも及ぶビットコインの決算処利が行われたそうです。

ビットペイ社COOのSonnySingh氏によると、決算手段としての有用性である手数料の低さや、送金速度の速さに強い期待感を持ち、メインストリームになるとしています。

確かにボラティリティの高さ、仮想通貨のインフラ整備、詐欺案件の排除などから、国際的な規制枠組みなどが必要である。

しかし、2019年には一般企業で仮想通貨の利用が始まり、数年も経てば価格は安定し、投機的な取引からくる噂はなくなると見ているようです。

価格の変動が激しい(ボラティリティが高い)ビットコインで、昨年だけでビットコイン決済処理が1335億円も行われていたのには驚きました。

ボラティリティのリスクよりも、送金手数料や速さのメリットが勝った数字なんだと思いますが、今年はもっと増えているのは間違いなさそうです。

BitpayのCOO「ビットコイン(BTC)は決済手段として有益」と語ったその理由とは?|CoinChoice

マーチャント、企業向けに仮想通貨を利用した決算ソリューションを提供するBitpay(ビットペイ)社のCOOであるSonny Singh氏は、仮想通貨関連メディア 8BTC(8月1日)内にて、仮想通貨業界を取り巻く問題や自身の考え、Bitpay社、加えて仮想通貨業界の今後に関して語った。 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*