利益配当型トークンの購入やICOに参加するときの注意

少し前にDAOトークン問題がありましたが、このような配当型トークンは投資先からの配当権利を、得ることができるため証券とみなされるそうです。米証券取引等監視委員会が規制対象にしてしまえば、取引所が扱わなくなるので取引がややこしくなりそうですね。証券かどうかの千疋はどこなのでしょうね。トークンでのファンドは難しいんですかね?

利益配当型トークンの購入やICOに参加するときの注意点 | ビットコイン最新情報のコインチョイス

保有していれば配当がもらえるタイプのトークンは、そうではないものに比べてなんとなく良さそうな気がすることもありますが、アメリカではこれが証券に当てはまると考えられる可能性もありそうです。投資する際の注意点について把握しておきましょう。

AnyPay、仮想通貨を使った資金調達「ICO」のコンサルティング事業に参入

ICOは新しい資金調達の方法ではあるのですが、いざやるとなると法律や会計スキームの検討やトークン発行、PRやマーケティングの一括コンサルティングサービスの模様。株式上場を考えれば、当然の流れなんだろうけど・・目玉は仮想通貨発行業者と連携して仮想通貨発行システムを開発かな・・仮想通貨発行業者ってなんだろう?技術的にはそんなに難しい医術ではないので品質、信頼性の問題なのでしょうね。

AnyPay、仮想通貨を使った資金調達「ICO」のコンサルティング事業に参入

AnyPayは8月28日、仮想通貨を使った資金調達手段「ICO(Initial Coin Offering)」のコンサルティング事業に、9月より参入すると発表した。 …

MGT、約2.5億円の資金調達ビットコインマイニング拡大へ

日本でもビットマイニングで資金調達する企業が出てきてほしいですね。水力発電はをうまく利用したら電気代安くできそうなんですけどね。神岳ダムをもっているイビデンとかやらないかなぁ・・プリント基板業務なのでついでにマイニングボードも作ってくれて(^0^)v

MGT、約2.5億円の資金調達 ビットコインマイニング拡大へ | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

ビットコインのマイニング事業と、サイバーセキュリティ・ソリューションの提供を行うMGT Capitalが、米投資会社UAHC Ventures LLC.から約2.5億円の資金調達を実施した。MGTキャピタルは、この資金を用いて米国のトップマイニングファームを目指す。 MGT …

クラウドマイニングはどこがいい?実際に投資したクラウドマイニング比較ランキ ング

トレードリスクを分散するために、マイニングをおこなうようですね。マイニングの場合はどこのクラウドマイニングを使うかと、どの仮想通貨をマイニングするかによって、収益がかなり違うようですね。クラウドマイングは信用性とツールの使いやすさで選ぶ感じですね。ジェネシスマイニングはドイツ人だったような・・場所はアイスランドだし、政治的なリスクも少なそうなので、一番信頼性が高そうな感じですかね?ハッシュコインは仮想通貨国家のエストニアなので個人的には応援したいです。
http://altcoins.blue/clowdmining-ranking/

「ICO」にご用心、仮想通貨ウェブ偽装で被害250億円-1割の確率

イーサリアムのデジタルトークンを利用したICOはフィッシング詐欺が1割あるから注意してねという記事。ビットコイン関連は大勢を一度にだますICO詐欺より個人を標的としたものが多いとのこと。仮想通貨によって違うとは意外でした。

「ICO」にご用心、仮想通貨ウェブ偽装で被害250億円-1割の確率

「新規仮想通貨公開(ICO)」には用心した方がいい。ICOは驚くべきペースで行われているが、詐欺の被害に遭う確率が10分の1もある。

FilecoinのICOが約2億ドルを調達、SEC規制にも準拠

ICOを見極めるポイントの一つに大手が出資している。著名人が出資しているというのがあります。そういう意味ではセコイヤなどが出資しているこのICOは伸びそうですね。私達が注目しいるstorj同じような感じですが、ブロックチェーン技術でセキュアな分散型ストレージネットワークは可能になりましたね。ストレージを提供したり、参加型のICOは資金が集まりやすいのかもしれません。

FilecoinのICOが約2億ドルを調達、SEC規制にも準拠 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

FilecoinのICOが、早くもおよそ2億ドルを調達している。CoinDesk ICO Trackerによれば、ICOの過去最高額はTezosの2.32億ドル。FilecoinのICOは現状で2番目の規模となる。 …

高騰し続ける仮想通貨Bitcoinを掘る世界最大のマイニング工場に潜入、2万5000台のマシンを酷使する採掘現場の恐るべき実態に迫る

内モンゴルのマイニング工場の詳細レポート。電気のコントロールが大事なようです。2万5000台で電気代が1日430万、1日に7億7000万円をマイニングするようです。すごい!8人のスタッフの生活は2段ベットでまるで炭鉱夫ですね。

高騰し続ける仮想通貨Bitcoinを掘る世界最大のマイニング工場に潜入、2万5000台のマシンを酷使する採掘現場の恐るべき実態に迫る

仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」は、世界中に分散して保存された取引台帳に取引の記録を整合的に記録する計算処理に対して新しいビットコインを割り当てる「マイニング」という行為によってシステム

暗号通貨プラットフォーム「Enigma」にハッキング–50万ドル被害か

トークンセール時は狙われやすいようですね。トークンセールを行うための、セキュアなサーバサービスにニーズがありそうに思います。
サーバだけじゃなく、「Slack」の管理者アカウントやメールアドレスも、被害にあってそのメールから送られたとなるとニセのプレセール情報だとは思わないですよね。(>_<)

暗号通貨プラットフォーム「Enigma」にハッキング–50万ドル被害か

提供:CC Bkchain  暗号通貨の投資家向けプラットフォーム「Enigma」がハッキングされた。攻撃者にだまされて投資家らが手放してしまった暗号通貨は、約50万ドルにのぼるという。  分散型暗号通貨マーケットプレイスのEnigmaは数日前より、ICO(Initial Coin Offering:仮想通貨発行による資金調達手法)である「 トークンセール …

エストニア、世界初の国家ICOに向け計画

すごい!この発想はなかったです。どんなものでもICOできそうですね。国自体がICOを発行するとどうなるんでしょうね?国債といっしょなんですかね。エストニアの電子政府導入を目指している福岡でも、やってくれないかなぁ。

エストニア、世界初の国家ICOに向け計画 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

最も先進的な電子国家エストニア共和国が、e-Residencyプログラムの一貫として、国家による世界初のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の実施を計画していることを明らかにした。 …

ビットコイン懐疑派マーク・キューバン氏、仮想通貨ファンドに投資へ

1コンファメーションというICO前段階の企業に投資し、製品開発を後押しする投資方法。これいいサービスですね。で、どこで帳尻をあわせるかというと、トークンセールの準備が整った段階で割引価格で引き受けることらしい。

ブロックチェーンに基づくアプリケーションが大規模に採用されるほどにはセクターが成熟していない

まったく、同感。今のブロックチェーン技術を応用したアプリケーション系のICOは大規模で大掛かりなものが多い。調達額を大きくするため、大規模な絵を書き、ホワイトペーパーをきらびやかに充実させているが、セクターが成熟していないので難しいのは多いでしょうね。
今年のICO総額は8月半ばですでに18億ドルとはすごいなぁ・・。

ビットコイン懐疑派マーク・キューバン氏、仮想通貨ファンドに投資へ

資産家の マーク・キューバン氏は、ビットコインがバブルだという自身の考えが正しいとしても、仮想通貨ブームに参加することを望んでいる。