カタルーニャのプチデモン氏が演説、住民に「民主的な抵抗」促す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中央政府の介入は「投票箱で表明されたわが国民の意志に反するものだ」と述べ、「民主的社会では、議会だけが大統領を任命、または罷免できる」と指摘した。AFPに送られた演説原稿の最後にプチデモン氏は「カタルーニャ政府大統領」と署名していた。

 

はよ、仮想通貨でカタルーニャ通貨作って、民主的な抵抗しましょ。

署名をカタルーニャ政府大統領としたのは歴史的な署名になるかもしれませんね。

カタルーニャ経済圏はスペイン経済の5分の1だと聞きます。

本来ならば、バスクのように徴収権をもらえばいいのですが、カタルーニャ州は経済規模大きいので、スペイン政府は徴収権を出さないでしょうね。

まずは独自通貨を発行し、経済的に独立するのが民主的でよいように思います。

 

カタルーニャのプチデモン氏が演説、住民に「民主的な抵抗」促す

【10月29日 AFP】スペイン中央政府によって北東部カタルーニャ(Catalonia)自治州の州首相を罷免されたカルレス・プチデモン(Carles Puigdemont)氏は28日、テレビ演説を行い、中央政府に抵抗する姿勢を示すとともに独立阻止に向けた中央政府による直轄統治に対して「民主的な抵抗」をするようカタルーニャの住民に呼び掛けた。

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*