スマートコントラクト

「熊本ブロックチェーンカンファレンス2018」8月3日に開催 ~地方創生とブロックチェーンの可能性がテーマ

今から20年ほど前、地域振興券と言われる一種の商品券が、個人消費を喚起して地域経済の活性化をはかる目的で発行されました。

ブロックチェーン技術を利用した地域発行の仮想通貨には、こういった側面もあるように思います。
そのためにはマイクロペイメント(小口決済が出来る)必要があるのですが、「MonyTap」や「Telcoin」ようにスマホ間で送金できるものを利用すれば、実現可能な気がします。

ただ、そういったセンセーショナルな話ではなくて、スマートコントラクトのプログラムによる契約の自動化を利用したものや、トレーサビリティのようなものからの地域創生の可能性が現実的なのかもしれません。

未だに住宅全半壊4万3392棟、仮設生活者3万8112人と言われる熊本地震の、復興を加速させるためにも、ブロックチェーン技術をうまく取り入れ、地域創生が進むことを願っています。

そして、気が早い話かもしれませんが、その活用方法が西日本豪雨による被災された地域でも、利用できるものとなることに期待します。

「熊本ブロックチェーンカンファレンス2018」8月3日に開催 ~地方創生とブロックチェーンの可能性がテーマ

熊本ブロックチェーンカンファレンス2018実行委員会は7月19日、熊本ブロックチェーンカンファレンス「ブロックチェーン技術が築く地方創生の可能性」の開催を発表した。熊本市民会館シアーズホーム夢ホールにて8月3日開催。参加費は無料だが、事前の申込みが必要、定員200名の先着順となっている。

ICOの調達金額は2兆円に達するか —— 渋谷「ブロックチェーン・コワーキング」が誕生した理由

イーサリアムのヴィタリック氏や、KSK Angel Fund(本田選手自身のファンド)が出資するスマートコントラクト、セキュリティーカンパニーのクオントスタンプなどが、ファンディングメンバーであるブロックチェーンのコワーキングスペース「Neutrino(ニュートリノ)」が、渋谷についにオープンするようです。

ICOプロジェクトの多くはイーサリアムのスマートコントラクトを使っているため、コワーキングスペース「Neutrino(ニュートリノ)」は日本でのブロックチェーン聖地になるかもしれません。

ハッカソン、海外動向のアップデート、技術リサーチミートアップなどの、イベントなどもおこなうようですので、ここを拠点にブロックチェーンへの参入、普及が一気に進みそうそうですね。

プライベートデスクで年間59万4000円という価格は、スタートアップに配慮した価格帯で、「Neutrino(ニュートリノ)の本気度が伝わってくるように思います。

 

ICOの調達金額は2兆円に達するか — 渋谷「ブロックチェーン・コワーキング」が誕生した理由

2018年6月22日、「日本初のブロックチェーン領域に特化したコワーキングスペース」Neutrinoのオープンを記念したお披露目イベントが開催された。イベントには、Omise Japan CEOの長谷川潤氏のほか、スポンサー企業であるみず

ブロックチェーンイベント「TOKENSKY TOKYO 2018」にブロックチェーンとVR技術を取り入れたゲーム「イーサエモン」のマーケティングデレクターNidrick氏が登壇決定

7月4日・5日に行われるアジア最大級のブロックチェーン業界向けイベント「TOKENSKY TOKYO 2018」の主催者であるアソビモは、ブロックチェーン上のゲーム「イーサエモン」のMarketing Director、Nedrick氏が登壇すると発表しました。

ポケモンのようにモンスターを捕獲・育成・進化・交換できるゲーム「イーサエモン」は、ICO研究室でも注目しているゲームで、このサイトでも紹介したことがあります。

今回のNedrick氏の登壇は「イーサエモン」の今後の開発計画などの話から、ブロックチェーンを使ったゲームの未来を垣間見れるチャンスなので楽しみですね。

イーサエモンのようにブロックチェーン上でのゲームは、非中央集権・分散型でユーザデータを管理することができるため、制作会社や配信元の会社の倒産、消滅に関係なく、半永久的にゲームを行なうことができる仕組みとなります。

ブロックチェーン技術を使ったサービスはいろいろ出てきていますが、その中でゲームはアイテム購入やデータの半永久的保全など、ブロックチェーン技術のメリットをもっとも受けやすい業界の1つとも言えます。

イベント:2018 TOKENSKY Blockchain Conference Tokyo Session
主催:アソビモ・TokenSky組織委員会
日程:2018年7月4日(水)・5日(木)9:00~18:00
会場:ベルサール汐留(全館)
「汐留駅」徒歩 5分(大江戸線・ゆりかもめ)
「新橋駅」徒歩 8分(ゆりかもめ・JR 線・銀座線・浅草線)
「東銀座駅」徒歩 9分(日比谷線・浅草線)

 

海外企業インタビュー:交通系暗号通貨プロジェクト「DOVU」(イギリス)【フィスコ・仮想通貨コラム】

なるほど、ポイントやトークンを使った交通機関のプロジェクトはいろいろありますが、交通を取り巻く様々な問題を、優良ユーザへのトークンによる対価を与えることで改善するのは、とてもいい方法だと思います。

スマートコントラクト上で管理する交通系の暗号通貨プロジェクトDOVU(ドーヴ)は、車、電車、飛行機、自転車等のあらゆる交通手段を、対象としたリワードプログラムをイギリスで行っています。

イギリスのBMWとの共同パイロットプロジェクトでは、リース契約などで貸し出した車の消耗の度合いによって、ユーザにトークンを配布しています。
トークンを配布することでユーザ側に車を大切に使う意識が高まり、結果的に貸し出した車両の消耗を軽減できるようです。

 

DOVUプロジェクトのアイデアが実現し、あらゆる交通手段で利用できれば、リワードの貯蓄・利用が行いやすくなるばかりか、システム構築コストも下がるため、ユーザ・企業の双方にとってメリットのある状況になりそうですね。

 

http://diamond.jp/articles/-/172322

イーサリアムとカルダノ、2つの仮想通貨に携わった30歳が駆け抜けた5年

「イーサリアムもはじめたころは、機能しないだとか、詐欺だとばかり言われていたからね」

そう言えば、昔そんなことを言われていた時期もありましたね。
今のイーサリアムのポテンシャルから考えると、想像できないくらいなので忘れていました。

そういう意味ではチャールズ氏が開発しているオンラインカジノやゲームの不公平な環境を改善するためのプラットフォームであるカルダノや、その仮想通貨であるADA(エイダ)は圧倒的な送金スピードがありますし、イーサリアムのようなスマートコントラクトであるPlutusで複雑な契約も処理できるとされています。

カルダノと聞くとカジノやゲーム限定に捉えがちで、シャットダウンしてしまいがちですが、ポテンシャル的はイーサリアムよりもあるかも知れませんね。

 

イーサリアムとカルダノ、2つの仮想通貨に携わった30歳が駆け抜けた5年

5年前に仮想通貨にのめり込んで以降、「イーサリアム」と「カルダノ」という、世界で十指に入る、2つの仮想通貨の立ち上げに携わった30歳の起業家がいる。…

「お得なECサイト」で終わらせない―ふるさと納税とクラウドファンディングの可能性

ふるさと納税の多くはモノで満足してしまい、肝心の寄付金の使いみちにあまり感心がなかったが、今後は寄付したお金がどう活用されたかが、わかりやすいクラウドファンディングのガバメント版に、注目が集まっているようです。

ふるさと納税の季節になってきましたね。

先日私たちの研究室でもふるさと納税を、ICOで出来ないかと議論したことがありました。

その時に話題にあがったのが「ふるさと納税で寄付したお金が、希望した用途にちゃんと使われたかを確認するすべがないよね。」との意見がありました。

これはスマートコントラクトを利用すれば、可視化するのはそんなに難しくないように思います。

それよりもわかりやすくエキサイティングなのが、ふるさと納税をICOでやってしまう話で盛り上がりました。
そうです。ただのアイデアです。
国がICOをふるさと納税に採用してくれるアイデアはまだまだハードルが高いように思います。

 

http://fbyg-mag.jp/2017/11/27/idea-gcf/