ビットコイン

ビットコイン損益分岐価格は約597,630円、マイニング会社の損益分岐点を公表

中国のマイニングプール「F2プール」によるとビットコインの損益分岐点は、Antminer T9で36792元(約597,630円)、Antminer S7モデルで79258元(約1,287,427円)、INNOSILICON T2で26636元(約432,661円)となっている。


Break-even price points for different cryptocurrencies and miners Source: F2Pool’s CEO Weibo

Antminer S7モデルは2015年8月発売なので、ビットコインマイニングでは、もうほとんど可動していないのでないかと思われます。

Antminer T9が2017年8月、INNOSILICON T2が2018年8月ですので、現状出回っているマイニングマシンはAntminer T9になりますので、仮想通貨の損益分岐点が約597,630円になります。

ビットコイン(BTC)の価格が一時75万円を超え、ボックスを抜け上昇トレンドか?とのニュースもありましたが、突如ビットコイン(BTC)が急落、心理的節目である70万円よりも下がって68万円となってしまいました。

仮想通貨の損益分岐点を下回ることで、すぐにマイナーがマイニングをやめることはありませんが、今後の仮想通貨相場の値動きを予測上で一つの参考にはなりますね。

中国マイニング大手、ビットコインなど仮想通貨の損益分岐価格を公表

世界第6位の規模を持つマイニングプール「F2プール」のシシン・マオ共同創業者兼CEOは6日、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、Zキャッシュ(ZEC)などの主要仮想通貨に関し、さまざまなマイニング機器を使ってマイニングする場合の損益分岐点になる価格水準のリストを公表した。

5年後、リップル97%急落とMoneroの急騰の理由

当研究室でも何度か指摘したことがありますが、リップル社のリップルネットワーを使った送金は、必ずしも仮想通貨リップル(XRP)が必ず必要でないため、サティスによると仮想通貨リップルは5年後に97%に価格が下がるとしています。

仮想通貨リップル(XRP)は中央集権的で、発行枚数もリップル社がコントロール出来てしまうことや、アメリカ証券取引委員会(SEC)から、リップルは証券に該当する可能性があると、指摘している影響もあると思います。

 

注目したいのは5年間で価格が上がるのがDApps(分散アプリ)で利用が想定されるイーサリアム(ETH)よりも、税金や規制を逃れるためにオフショアに預金を移動する需要が増え、秘匿性が高いMonero(XMR)だということです。

当然、各国はこの秘匿性が高い通貨を規制しようとするでしょうが、流動性が高い仮想通貨を規制することは難しいでしょう。

個人的には、同じ秘匿性が高い通貨、Dash(DASH)よりもMonero(XMR)の方が、上昇率が高いのが気になります。

ビットコイン(BTC)も5年後には、①取引場所の拡大、②認知度の向上、③仮想通貨市場のデフォルトベースペア、④ボラティリティの減少、⑤セカンドレイヤーの発達による処理能力の向上で、約1,000万円(1200%以上の上昇率)5つの要因をみると可能性は高そうです。

 

仮想通貨リップル、5年後に97%急落 モネロとビットコインは急騰=米リサーチ機関の予測

サティス・グループは30日、今後の仮想通貨市場についてレポートを公表し、ビットコイン(BTC)とモネロ(XMR)が急上昇する一方、リップル(XRP)は急落すると予想した。

世界の本田、カンボジア代表監督の次は仮想通貨親善大使へ

今回はここ最近、何かと巷を騒がせているサッカー元日本代表の本田圭佑選手に注目してみました。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、オーストラリアのメルボルンのチームの現役選手でありながら、事実上のカンボジア代表監督に就任しましたよね。

私はそれを聞いたとき、何を考えているんだ!?と思うと同時に上手くやり遂げられたら立派だなとも感じました。

今後どうなるかはわかりませんが、聞く話によると

カンボジアの仕事は諸経費のみ請求し、報酬はいらないとのことです。

益々何を考えているのかわかりませんが、

きっと大きな目的があるのでしょう。

 

さて、そんな中、

本田選手が仮想通貨交換業者であるBITPOINTのイメージキャラクターに就任し、ムービーが8月20日より公開されているそうです。

本来ならばここで動画をご覧下さいと言って、

BITPOINTのアフィリンクに誘導する構図が浮かび上がりますが、

ここはICO研究室。そんなことはしませんのでご自分でお知らべくださいませ!!!

 

冗談はこれくらいにして、

イメージキャラクターに就任した影響か、

メルボルン・ビクトリーから本田選手に支払われた契約金が

実はビットコインだったことがわかりました。

スポーツを題材にしたICOなんかも面白いでしょうから、

もしかしたら新たなブームのきっかけになるかもしれませんね。

 

それにしても、丁度今、仮想通貨の相場が落ち込んでいるので、年末に向けて上昇したタイミングで利確すれば、けっこう儲かるだろうなと感じました。

 

近々セリクラが来るとか来ないとかなので、

今後も仮想通貨市場、目が離せません。

 

本田が仮想通貨キャラ、契約金はビットコインで支払い – 海外サッカー : 日刊スポーツ

オーストラリアAリーグの強豪メルボルン・ビクトリーMF本田圭佑(32)が仮想通貨交換所「BITPoint(ビットポイント)」のイメージキャラクターに就任した… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

 

 

仮想通貨の価格と意外と見落としがちな売り圧力の関係

あまり、取り上げられていないのですが、Proof of Workのコンセンサスアルゴリズムを採用している、ビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアムにおいて、マイニング報酬は価格にも影響しています。

ビットコインは10分に1回ブロックが生成されるごとに、マイナーに12.5BTCの報酬が支払われますし、イーサリアムでは15秒でブロックが生成され、3ETHが発行されています。

15秒毎に17万円分(1ETH=35000円計算)のETHが新規発行されているということで、これは1日で約6億円分の売り圧力があるということです。

ビットコインは10分に1回ブロック生成されるので、10分に1回「12.5BTC」つまり1日1日では新たに1800BTCで約12億円(1BTC=70万計算)の売り圧力があるということです。

これらはマイニングされてもすぐに売り出されるとは限らず、潜在的な数字でしかないため、取り上げられることが少ないと思われます。

Proof of Workのコンセンサスアルゴリズムを採用している仮想通貨の日々の希薄化は避けられず、価格に大きな影響を与えているのは間違いないでしょう。

 

「仮想通貨 売り圧力」の画像検索結果

Bitcoinミートアップ名古屋に参加してきました

2018年8月5日 猛暑の中、名古屋で開催されたBitcoin&Blockchain Meetup名古屋に参加してきました。

 

2015年に発足したBitcoinミートアップ名古屋は、東海地方で最大規模の仮想通貨関連コミュニティで、毎月の定期ミートアップの他、各種イベントを開催してしています。

 

【先月は鈴鹿サーキットで「ビットコイン悟号」の応援企画も!】

ビットコイン悟号を応援!VITAレース観戦ミートアップin鈴鹿サーキット

 

今回は名古屋 大須にあるレンタルスペースで20人ほどのメンバーが集い、フリートークで技術やトレンドなどの話で盛り上がりました。

 

オーガナイザーの Mizunoさん、manomaさんより

◆Bitcoinミートアップ名古屋は東海地方を中心に、仮想通貨関連に興味のある方が気軽に情報交換できる場を提供し、最新知識の共有とメンバー間の交流を行っている

◆仮想通貨やICOにはまだまだスキャム(詐欺)が多く、特に名古屋はネットワークビジネスが盛んな地域柄でもあるので、そういった情報に惑わされる被害者が出ないような、クリーンな会を目指している

◆初心者や女性のメンバーも多く、安心して参加できる会となっている

今後は基盤技術の情報共有や仮想通貨関連ビジネスの支援の他、バーベキュー大会などのイベントも積極的に開催してメンバー間の親睦を図っていきたいとのことでした。

 

参加するまでは、名古屋は情報が少なくまた保守的な印象があったのですが、皆さん積極的に情報収集・議論をし、またリテラシーの高い方もたくさんいて、底力のある地域だなという印象でした。

実は私も名古屋出身なので、名古屋発信で新たな波が生まれるのを期待しています。

 

【オリジナルグッズも制作し、Bitcoinの普及に積極的】

オリジナル-Bitcoin ピンバッヂ

 

「Bitcoinミートアップ名古屋」へのお問い合わせや参加希望はこちら

Bitcoinミートアップ名古屋-Meetup

 

南アフリカの仮想通貨課税化法案、施行されれば取引などは非課税対象へ

世界的に見れば、先進国よりも発展途上国や新興国の方が仮想通貨において、寛容な傾向なように思います。

南アフリカにおいて、仮想通貨による取引で日本の消費税あたるものが免除されるそうだ。

つまり、仮想通貨で買い物をすると消費税がかからないので、これは消費者にとっては大きなメリットと言えます。

南アフリカで仮想通貨を使った決済ノウハウが蓄積されるように思います。

 

南アフリカでは、国民の38%が仮想通貨の投資を行いたいと考えているようで、南アフリカは仮想通貨の先進国になっていく可能性が出てくるのかも知れませんね。

 

https://coinchoice.net/south-africa-submits-a-draft-of-cryptocurrency-tax/

【秒速48円稼ぐ男】オンラインサロンに革命!

本日のタイトルは秒速48円稼ぐ男について書いていきたいと思います。

ぱっと見、凄くなさそうですが、

分速2,880円

時速172,800円

日給約4,000,000円

月給約120,000,000円・・・・・

 

秒速を単発で億を稼ぐ人もいましたけど、

この方はコンスタントに稼ぎ続けます。

 

その名は

KAZMAX」さん

 

Twitterにて

BTCを中心とする、

トレードのアドバイスくれたり

自分のポジションを公開したり、

諸々多くのトレーダーを稼がせてきた人です。

 

 

つい先日のことですが、

Twitterでの情報提供はほぼ終了し、

DMMのオンラインサロンにてのみ情報提供をするようになってしまいました。

 

非常に残念ですが、今まで無料でやってきただけでもありがたかったわけですね。

そして、オンラインサロンを開始して、

ここで快挙が起きました。

 

現在の会員数4271人・・・

KAZMAX – KAZMAX Trader❜s Salon – DMM オンラインサロン

フォロワー数8万人超え、金融トレード界の実力者・KAZMAXの先出しリアルタイムトレードをTwitterから引き継ぐ形で生まれたクローズドサロン。先出トレード解説から質疑応答まで。セミナーもやります。投資初心者歓迎‼

 

ホリエモンサロンの倍以上の人数を集めました。

KAZMAXさんのサロンは3万円なのに、本当にすごい。

残念ながら、現在は募集ストップの状態です。

 

人によっては初日でサロン代を回収したそうです。

 

実は現在、私も参加しておりますが、

ど素人なもので、レバ2~3倍ですが、

まだまだ回収どころか赤・・・

ロスカットやショートインするタイミングとか勉強することは山のようにありそうです。。。

 

今後本当に稼げたかどうかというところも発信していきたいと思います。

 

 

BitpayのCOO「ビットコイン(BTC)は決済手段として有益」と語ったその理由とは?

Bitpay(ビットペイ)社は企業向けに仮想通貨を利用した決算ソリューションを提供していますが、2017年で米ドル換算で12億ドル(約1335億円)にも及ぶビットコインの決算処利が行われたそうです。

ビットペイ社COOのSonnySingh氏によると、決算手段としての有用性である手数料の低さや、送金速度の速さに強い期待感を持ち、メインストリームになるとしています。

確かにボラティリティの高さ、仮想通貨のインフラ整備、詐欺案件の排除などから、国際的な規制枠組みなどが必要である。

しかし、2019年には一般企業で仮想通貨の利用が始まり、数年も経てば価格は安定し、投機的な取引からくる噂はなくなると見ているようです。

価格の変動が激しい(ボラティリティが高い)ビットコインで、昨年だけでビットコイン決済処理が1335億円も行われていたのには驚きました。

ボラティリティのリスクよりも、送金手数料や速さのメリットが勝った数字なんだと思いますが、今年はもっと増えているのは間違いなさそうです。

BitpayのCOO「ビットコイン(BTC)は決済手段として有益」と語ったその理由とは?|CoinChoice

マーチャント、企業向けに仮想通貨を利用した決算ソリューションを提供するBitpay(ビットペイ)社のCOOであるSonny Singh氏は、仮想通貨関連メディア 8BTC(8月1日)内にて、仮想通貨業界を取り巻く問題や自身の考え、Bitpay社、加えて仮想通貨業界の今後に関して語った。 …

「ビットコインは18年末には5万ドルまで回復する」、BitMEXのCEOが予想

仮想通貨取引所、BitMEXのアーサー・ヘイズCEOは、ビットコイン市場は約33万円~約55万円が底値と見ているそうです。

また、米証券取引委員会(SEC)がビットコインを組み入れた投資信託を承認するので、ビットコイン価格が18年末には最大5万ドルまで回復する考えているようです。

「ビットコインは18年末には5万ドルまで回復する」、BitMEXのCEOが予想

仮想通貨取引所のBitMEXのアーサー・ヘイズCEO(最高経営責任者)は、ビットコイン価格が18年末には最大5万ドルまで回復すると 米CNBC のインタビューの中で語った。 …

仮想通貨取引総量の69%はビットコイン(BTC)など6種のペアリングによるトークンだった

取引所で扱っている仮想通貨には主要5通貨と呼ばれる通貨、ビットコイン、イーサリアム、ビックコインキャッシュ、リップル、ライトコインがあります。

その主要5通貨の取引量は52%にも達し、31%がその他の1600あまりの仮想通貨、17%がドルと連動するペッグ通貨テザーです。

ドルと連動するテザーは1通貨で17%も締めており、これは通貨ごとで見るとビットコインの33%に次ぐ取引額で、イーサリアムもよりも5%も多いです。

日本の円のペッグ通貨としてJコインやMUFJコインの発行が予定されていますが、テザーの取引量を見ているとかなりの需要がありそうですね。

日本の場合、ペッグ通貨の発行はマイクロペイメントの普及目的での要素が強そうですが、取引所でのペアリング通貨としての需要も大きそうですね。

ペッグ通貨は法定通貨と同じ価値だけ持つ通貨ですので、ある意味法定通貨を発行する同等の権限を持つことになります。
そのため、発行量と同じ額の法定通貨の保有担保を必要としますが、テザーのような不透明な形ではなく、透明性のある方法で運用することが望ましいと思われます。

JコインにしてもMUFJコインにしても銀行が発行するペッグ通貨ですので、そういう意味では安心度は高いといえそうです。

 

仮想通貨取引総量の69%はビットコイン(BTC)など6種のペアリングによるトークンだった|CoinChoice

仮想通貨市場では、取引総額の69%がビットコイン(BTC)など主要6通貨の「ペアリング(組み合わせ)」で占められていることがDair社の調査で分かった。 …