ビットコイン

仮想通貨が流行したワケ 飛びついたのは新興国、その事情とは……

仮想通貨の価格が上がってきています。今一度、世界的に仮想通貨が流行ってたおさらいをしてみましょう。

経済不安が続く新興国や発展途上国では、法定通貨を貯蓄していても価値が減少してしまうため、自国通貨よりも安定している米ドルを使うようになりますが、偽札が横行している上に、自国通貨と米ドルの換金手数料が非常に高く、安心して資産を蓄えることが困難な状況です。

ビットコインを保有していたほうが値上がりも期待でき、偽物の可能性もないため、安全に管理できるということで注目が集まりました。
また、彼らは銀行口座は持ってない人が多いのですが、持っているスマホでビットコインの資産管理が出来るのも普及の大きな要因です。

ビットコインによる決済は日本のような先進国よりも、新興国や発展途上国の方が遥かに普及しており、街のカフェや本屋で当たり前のようにビットコインで買い物ができる環境にあるようです。

このように見ていくと仮想通貨の利用は先進国ではなく、経済や社会情勢が不安定な新興国や発展途上国のほうが進んでいるように思います。

 

多くの物やサービスは先進国から普及することが多かったので、どうしても先進国の動向ばかり見てしまいがちですが、仮想通貨においては新興国や発展途上国の方が進んでいることを留意した方がいいかもしれません。

新興国、発展途上国から学ぶことを怠ると知らない間に、先進国がいつの間にか新興国、発展途上国が逆転されるような大きなパラダイムチェンジ起こる可能性すらあるように思います。

 

世界各地で起こっている経済不安や社会情勢不安を考えると仮想通貨の必要性は益々増しそうですね。

 

 

https://www.j-cast.com/kaisha/2018/04/19326401.html

仮想通貨はイスラム法の壁を超えて総人口17億のイスラム教国に拡散するのか?

イスラム教徒は世界各国にいるため、各国が発行する通貨と同じ慣習貨幣であるためイスラム貨幣として適格となるようです。

また、イスラム学者ムハマッド・アブバカル氏らは、過剰な不確実性を減らすというシャリーアの精神と極めて相似しているとしてブロックチェーン技術を歓迎しています。

エジプトなどは、仮想通貨取引を厳格に禁じていますが、シャリーアと仮想通貨の解釈が進めば、イスラム教徒17億人の仮想通貨を利用したイスラム経済圏ができても不思議ではないですね。

中国やインドの人口が13億人ですから、それよりも大きな経済圏が出来る可能性をイスラム教は秘めています。

ただ、ICOに関しては極めて不確実なため、シャリーアの主要な目的の1つが富の保全に反するらしく、前向きではないようです。

80%が詐欺と言われるICOの健全化は、急務と言えるかと思います。

 

仮想通貨はイスラム法の壁を超えて総人口17億のイスラム教国に拡散するのか?|CoinChoice

仮想通貨は、イスラム教義「シャリーア(Shariah)」に反しないという研究報告書が公表されて話題になっています。もしかしたら、この研究がきっかけになって、世界人口のほぼ4分の1を占める約17億人のイスラム教徒(教国)が、教義に裏付けられて、仮想通貨取引を認める日が近づいているのではないかと考えられます。 …

安全なビットコイン保存を追求し、手にチップを埋め込んだオランダ起業家

確かにウォレットの秘密キーをなくしたり、仮想通貨が盗まれてしまうケースは現金に比べて多いように思います。

仮想通貨を安全に保管するために、チップを体に埋め込む人は今後増えそうにも思いますが、一般的には指輪のように肌身は出さず身につけれるアクセサリーのようなアイテムが増えそうですね。

https://jp.sputniknews.com/science/201804174789233/

ビットコイン「年末までに2万5000ドル」 米調査会社トップが予測

アメリカでは確定申告の締切が4月17日で税金関係の売り圧力が失くなるので、ビットコインの価格が上昇し18年末には約267万円になるようです。

仮想通貨の取引利益は課税対象だと認識されたということは、仮想通貨は市民権を得たとも言えますので、仮想通貨の禁止を危惧する必要はなくなりましたね。

ビットコイン「年末までに2万5000ドル」 米調査会社トップが予測

米投資調査会社Fundstrat Global Advisorsの共同創設者であるトーマス・リー氏は4月16日、 米CNBCに出演 し、ビットコインは2018年末までに2万5000ドルに達するとの見解を示した。リー氏はビットコインの先行きについて強気の予想を立てていることで知られている。 CNBC公式Webサイト …

「Bitcoin Cash(BCH)」とは? いまさら聞けないビットコインキャッシュの基礎知識

昨年の8月に行われたビットコインのハードフォークにより、ビットコインキャッシュがただで貰えるところから、仮想通貨への関心が高まるきっかけになりました。
ビットコインが抱えるトランザクションの延滞を解決するために、ブロックサイズを拡張する派がビットコインキャッシュ誕生させた経緯があります。

ブロックサイズが大きすればマイナーの報酬が増えるため、マイナー主体でハードフォークが進められたように感じます。
ビットコインキャッシュがユニークなのは、マイニングの難易度を調整できるようになっており、マイナーを呼び込むため、ブロックの生成が低い場合にマイニングの難易度を20%下げるを導入したりしていることです。

ここからわかることは仮想通貨において、マイナーの立場は大きな存在だということが読み取れるかと思います。

 

「Bitcoin Cash(BCH)」とは? いまさら聞けないビットコインキャッシュの基礎知識

テレビCMなどで最も名前を耳にする「ビットコイン」をはじめ、多くの種類が存在する仮想通貨。仮想通貨について調べてみると、「こんなコインもあるのか」と新たな発見が次々と出てくるものですよね。その中で、ビットコインに似た名前の「ビットコインキャッシュ」という通貨があります。ビットコインキャッシュとは、どのような通貨なのでしょうか。 …

ICOが諸悪の根源? 金融庁「仮想通貨研究会」の行方

2017年の国内仮想通貨取引額は69兆円(現物12兆7,140億円、証拠金など56兆4,325億円)、その中でビットコインの取引額は67兆円(現物10兆4,975億円、証拠金など56兆4,269億円)で、他の仮想通貨を大きくしのぐ規模となっているようです。

証拠金・信用・先物取引は殆どがビットコインとなっていますので、取引額からみるとドミナンス比率よりも遥かにビットコインに依存していると言えますね。

証拠金・信用・先物取引額が多いのはFXの延長線上でとらえている人が多いので、価格を安定させるためにはトレード先ではなく、マイクロペイメントとして使われる機会が増えないと行けないのかもしれません。

 

ICOにおいては2017年のトークンの販売額が1兆円を超えており、セカンダリー市場で儲かるという認識が広がったが、中には詐欺的なものもあるので、大きな不公正を作り出す危険性があります。

世界に先駆けてICOのホワイトペーパー(計画書)に関する情報開示の義務付けや、モニタリングを講じることが大切なようです。

 

ICOが諸悪の根源? 金融庁「仮想通貨研究会」の行方

4月10日に開かれた金融庁の「仮想通貨交換業等に関する研究会」の第1回会合。同庁の会議室は傍聴者や報道陣で超満員となり、仮想通貨に対する世間の関心の高さがうかがわれました。 世間の耳目が集まる中、初回の会合ではどのような議論が展開されたのでしょうか。オブザーバーによる説明と会合メンバーから出された意見の要旨を振り返ってみます。 「世界でも例を見ない報告」 …

ビットコイン(BTC)決済可能店舗が増加、米国第2位のネットショップNeweggから見る実態

米国第2位のオンラインショップNewegg(ニューエッグ)によると、ビットコインユーザは驚くべき購買力を持っているそうです。

特にカナダにはビットコインユーザの購買力は高く、Newegg(ニューエッグ)がカナダまで、ビットコイン決済の選択肢を広げた結果で、Newegg(ニューエッグ)はカナダの顧客に対してビットコインキャッシュの決済サービスも開始するようです。

カナダには仮想通貨で決済する環境が、他の国と比べて整っていたりするのですかね。

 

https://coinchoice.net/newegg-shop-bitcoin-pay/

仮想通貨の「ゲームはまだ続行中」、専門家の一部に高い期待感

各国で起こる民族紛争や世界的な経済不安がある中で、法定通貨の依存度を下げ、独自の経済圏を作ることが出来る仮想通貨を求める流れは変わらないように思います。

仮想通貨が持つポテンシャルを考えると、今は淘汰される時期だと考えるのが正解かもしれませんね。

仮想通貨は変動幅が大きくて投機だという人がいる一方で、FXを投機と言わない人たちに疑問を感じる人もいるように思います。

 

仮想通貨の「ゲームはまだ続行中」、専門家の一部に高い期待感(Forbes JAPAN) – Yahoo!ニュース

一部の専門家たちによれば、ビットコインやイーサリアム、リップル、ライトコインなどの仮想通貨への投資で大金を稼ぎ、そして本当の意味で自由になることは、まだ十分に可能だ。 …

仮想通貨 値下がり 取り引き量も減少 世界的な規制強化で

ビットコインのマイニングコストは約59万円なので、それ以下に下がるとなるとマイナーはマイニングが赤字になりますので、ビットコインは赤信号かもしれません。
ただ、仮想通貨の中にはビットコインキャッシュのように、ブロックの生成が低い場合にマイニングの難易度を20%下げるようなものもあり、結果的にマイニング報酬が高くなるので仮想通貨のドミナンス(支配率)の比率が影響するだけかもしれませんね。

仮想通貨のポテンシャルは送金や金融商品としてではなく、地域(領土)に紐付けされた法定通貨の依存度を下げ、独自の経済圏を作ることが出来ることにあると思います。

価格は下がりましたが仮想通貨のポテンシャルが下がったわけではないので、仮想通貨の可能性や理解をやめないほうがいいかもしれませんね。

仮想通貨 値下がり 取り引き量も減少 世界的な規制強化で | NHKニュース

ビットコインに代表される仮想通貨の価格は世界的な規制の強化を背景に、ピーク時と比べ、大きく値下がりし、取り引き量も大幅に…

仮想通貨市場バブル崩壊!?ビットコイン(BTC)65万円割れならば50万円が視野に

ビットコインを始めとする仮想通貨の下落は、ICOで資金調達した企業にも影響を及ぼしそうです。

ICOの多くはイーサリアムベースであったり、ビットコインベースだったりするのですが、価格が半分以下に下がるようなことになると、資金が足らなくなりプロジェクトが滞る企業も出てくるかもしれません。

ビットコインに関して言えば、昨年10月の急上昇前の46万円くらいまで下がることがありそうですが、戻り歩調で上昇しそうになっても頭が重いのは、先物取引の影響が大きかったりするのですかね。

仮想通貨市場バブル崩壊!?ビットコイン(BTC)65万円割れならば50万円が視野に|CoinChoice

仮想通貨市場全体の価格下落が止まりません。 ビットコイン(BTC)が80万円を割り込み、下落が加速。現在は72〜75万円で推移をしております。(執筆:3月30日16時頃) アルトコインの落ち込みは酷く、CoinCheckの騒動で下落を加速させたNEM(XEM)に限って言えば、直近高値から90%以上も下落を記録しており、悲惨な展開となっております。 …