マイニング

カルダノ、スマートコントラクト技術Plutus(プルータス)発表

スマートコントラクトと言えば、一番最初に実装したイーサリアムを思い浮かべる人が多いと思いますが、他のブロックチェーンもスマートコントラストを実装しているものがあります。

カルダノもその1つで、ICO研究室では過去に取り上げてさせていただきましたので、記憶にある方もいらっしゃると思います。

おさらいを兼ねて、カルダノについて触れますと、イーサリアムを開発していた天才数学者、チャールズ・ホスキンソンが立ち上げたプロジェクトで、ADA(エイダコイン)というのを発行しています。

カルダノは銀行口座を持てない人(30億人)の財布となるプロジェクトとしても有名なプロジェクトです。

格付け会社「Weiss Ratings」の評価は高く、イーサリアムを抜く可能性があると言われているプロジェクトです。

その可能性の根拠の1つが、今回発表したPlutus(プルータス)とも言えそうです。

ここからは少し技術的ば部分が出てきますが、出来るだけ簡単に説明したいと思います。

イーサリアムでアセット管理を行う場合、決済部分のAccountingと計算を行うComputationがありますが、これを1つの台帳でやっているので、構成はシンプルだけど変更や修正が煩雑な仕組みでした。

これをカルダノはイーサリアムでいうAccounting部分のSettlement Layer(SL)と、Computing部分であるComputing Layer(CL)を、二つのレイヤーにわけ、ひとつの台帳(SL)に対して、複数のCLが紐づけられるようにしています。

これにより、カルダノでは個別に修正が必要な案件や条件などをCLとして個別に修正、調整することが可能となっています。

カルダノがすごいのはここからで、このCLはイーサリアムもEOSも走らせることができるため、これら既存の仕組みも取り込めることが大きなメリットと言えます。

スマートコントラクトの開発において最もリスクなのは、開発時におけるバグです。

スマートコントラクトに実装後のバグによる資金の流失となったDAO事件のようなことになれば、重大な損失となってしまいます。

そこでPlutus(プルータス)は関数型プログラミング言語であるHaskell(ハスケル)をベースにしています。

多くの技術者に参加してもらうのであれば、PythonやJava Scriptのような言語をベースにしたほうが、開発スピードは上がり、様々なDAppsが出てきやすくはなりますが、スマートコントラクトでのバグによる被害は大きくなりやすいので、論理的な間違いが生じにくい仕組みを、持っているハスケルの言語をベースにしているようです。

ハスケルはコンパイルされたコードは、ほぼ正確なコードとなるといわれており、金融関係ではよく使われていると言われています。

また、カルダノはPlutusだけではなく、金融関係やブロックチェーンに取り組む事業者が、コードを書けなくてもスマートコントラクトを記述できる、ビジュアルプログラミングツール「Marlowe」も合わせて発表しています。

これにより、特定の用途向けに設定されているため、変更作業などが安全に簡単に行うことができることでしょう。

カルダノのコンセンサスカルゴリズムは、ウロボロスという独自アルゴリズムによるPOSで、通常のPOSではネットワークに接続していないと、報酬をもらうことはできませんが、ADAは委任できるため、オフラインでもマイニングの報酬を受け取ることができるよう開発されています。

そう言えば、SIRIN LABのブロックチェーンスマホ「FINNEY」はADAを採用しますので、委任によるマイニングの報酬との親和性を検証してみたいですね。

 

ブロックチェーンを用いた新たなスマート・コントラクト技術Plutus(プルータス)とは?

スコットランドのエディンバラ大学で、同大学のブロックチェーン技術研究所により、「Plutus Festカンファレンス」と題したスマート・コントラクト技術に関するイベントが2018年12月11日に開催された。 …

仮想通貨の値段を主導するプレイヤーを特定し出口を見つける

ビットコインの価格を予測するには、強い売り圧力を発生させるマイニング参加者が売ってくる価格帯を特定することで、底値を想定できると言われています。

その価格が$3,700から$4,000の間であるのに、それ以下に下がってしまった原因を、先物相場やFXでの予測にも使われるCOTレポート(アメリカ政府機関であるCFTCが毎週発表している先物手口のレポート)を読み解くことで、値段を主導するプレイヤーを特定し、予測しようとしています。

マイニング原価を割った下で売りを先行させ、値を牽引していたのは小口のプレイヤーであり、そのトレンドは長く続かない傾向があるという全体像も、イメージすることができます。

ここから言えることは、マイニング参加者が売ってくる価格帯は$3,700から$4,000で売り圧力が増えているということだと思います。

しばらく。$3,700から$4,000の間で足踏みの後、そこから上昇していくように予測する人もいるようです。

今の価格が$3,670ですので、マイニング参加者が売ってくる価格をベースに仮説をもって推移を見守ってみるのも、一つの方法かと思います。

 

仮想通貨の値段を主導するプレイヤーを特定し出口を見つける | CoinChoice

ビットコイン(BTC)に限らず、短期的な取引を目指す中で「買った瞬間のドン下げ」や、「売ったはたから持っていかれる」経験をされた方も多いと思います。特に、市場の規模も小さく値動きの幅が大きなビットコイン(BTC)では、なおさらこの傾向が強くなりますね。 …

PCゲームユーザに朗報?手軽にマイニングでお金を稼ぐ

eスポーツDOTA2(PCゲーム)のメジャー大会の1つ『The International 2018』の、今年の賞金総額は約28億円でした。

また、eスポーツは6年後のパリオリンピックで、正式種目なる可能性から、益々盛り上がって来てますね。

DOTA2をプレイしようとすれば、高機能のグラフィックボードを搭載したPCが必要となります。

eスポーツはプレイヤーだけじゃなく、高機能なグラフィックボード(GPUボード)を販売しているメーカーにとっても、ビジネスチャンスでもあります。

台湾大手のGPUボードメーカーのASUSは、購入したGPUボードの性能を余すことなく、利用できるよう、マイニングプラットフォームのクオンタムと提携しました。

これは、ASUSのGPUボードを持つユーザーが、クオンタムクラウドをつかって仮想通貨をマイニングし、その収益をPaypalやWechatなどで受け取れるようになります。

考えてみれば、ゲームユーザーも24時間プレイしているわけではないので、PCを使っていない時間でマイニングによる収益がある仕組みはいいサービスですね。

今後、I注目したいのはASUSとライバル関係にあるMSIなどの他のメーカーの動向と、出口の収益として、LINE Payなど他のペイメントアイテムの採用動向です。

Asus partners with Quantumcloud to let your idle graphics card mine cryptocurrency

Asus has announced it is teaming up with Quantumcloud to allow owners of its graphics card to mine cryptocurrencies and get digital payouts via PayPal or WeChat. The partnership means that Asus graphics card owners can use the Quantumcloud software to manage their digital wallet, set up cryptocurrency mining and perform conversions and transfers automatically, taking a lot of the complexity out of cryptocurrency mining.

中国の仮想通貨マイニング業者、市場急落でマイニング装置を「キロ売り」

仮想通貨の大幅下落で、マイニング業者の収益が赤字になるのは、先日記事にさせてもらったのですが、中国のマイニング業者はコストの赤字部分を埋める目的で、Antminer S7やAntminer T9など古いモデルのボードを、販売されていた価格の約5%程度で売り出している。

9月期データでは、ビットコインのマイニング損益分岐点はAntminer T9で、約60万円以下になると赤字、Antminer S7での、損益分岐点は約130万円以下で赤字とのリストがF2Poolから公表されています。

この公表された損益分岐点から考えると、今の価格がいかに厳しいかよく分かるかと思います。

中国の仮想通貨マイニング業者、市場急落でマイニング装置を「キロ売り」

中国の仮想通貨マイニング事業者が、今回の仮想通貨市場急落を受け、マイニング装置を「キロ売り」している。

分裂した仮想通貨Bitcoin Cash騒動、空ブロックを掘ることで相手をつぶすとマイニングプールSharkPoolが宣戦布告

現在仮想通貨市場で起きている問題は、相場の下落に大きな影響を与えています。

その大きな要因と言われているのがビットコインキャッシュのハードフォークです。

仮想通貨ビットコインキャッシュはハードフォークによって「Bitcoin ABC」と「Bitcoin SV」の2つに分裂しました。

当初からICO研究室ではハードフォークするほどの仕様の違いはなく、このハードフォークによる混乱を予測していましたが、ビットコインキャッシュへの限定的な影響だと思っていたところはあります。

その予測が外れた要因に「ビットコインキャッシュのハッシュウォー」と呼ばれるような、大きな事件になるとは予測できませんでした。

 

このハッシュウォーでは、ビットコインキャッシュSVの自らサトシナカモトだと名乗るクレイグ氏が、保有するビットコインを大量に売ってでも、このマイニング競争に勝つと宣言し売却したことから、ビットコインまでを受けて下落することになりました。

ブロックチェーンの仕様で、最も長いチェーンがメインのチェーンになるようルールがありますので、クレイグ氏は最初の頃からのビットコインコミュニティに入っていたため、大量のビットコインを所有しており、そのビットコインを大量に売ってでも、ビットコインキャッシュSVのハッシュパワーを補填すると言っています。

 

今回のSharkPoolの「空ブロックを掘ることで相手をつぶす」というのは、ハッシュウォーをより過激するもので、空ブロックを掘ることでビットコインキャッシュABCを潰すというのは、ブロックチェーンでのスパム攻撃(スパムトランザクション)は悪質な攻撃かと思います。

SharkPoolはイーサリアムなど他の仮想通貨は必要ない!真のビットコインが一つあればいいという過激な原理主義的な思想のマイニング組織です。

 

これらの問題はコンセンサスアルゴリズムでいうPoWを採用している仮想通貨でしか、出来ない攻撃のため、市場はPoWによる非中央集権化への限界、失望によるものだという見方もされています。

 

非中央集権的なコンセンサスアルゴリズムPoWは今回のハッシュウォーにより、改善をされることになろうかと思いますが、もし仮に、ビットコインキャッシュABCがビットコインキャッシュSVに、敗北してしまうことになると、PoW自体が否定され、本来、ブロックチェーンが持つ非中央集権的なメリットも否定されるのではないかと、危機感を感じています。

 

分裂した仮想通貨Bitcoin Cash騒動、空ブロックを掘ることで相手をつぶすとマイニングプールSharkPoolが宣戦布告

仮想通貨Bitcoin Cash(BCH)がハードフォークによって「Bitcoin ABC」と「Bitcoin SV」の2つに分裂しました。チェーンを分岐した2種類の仮想通貨の覇権争いが活発化する中、仮想通貨マイニングプール「SharkPool」が、Bitcoin ABCの空ブロックを掘ることでBitcoin ABCをつぶすと宣言しています。 SharkPool to Mine Empty Blocks on Bitcoin Cash ABC as ‘Only One Chain Can Exist’ https://www.cryptoglobe.com/latest/2018/11/sharkpool-to-mine-empty-blocks-on-bitcoin-cash-abc-as-only-one-chain-can-exist/ 元々、仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)から分裂したBCHでしたが、仕様策定をめぐってBitcoin ABC陣営とBitcoin SV陣営の2者に分かれて対立が深まっていました。2018年11月16日に両陣営とも新実装を施した後、ブロックの生成(マイニング)に成功し、ハードフォークが成立、BCHは分裂しました。 Bitcoin SVは「Bitcoin Satoshi’s Vision」の略称であり、Bitcoinの生みの親であるナカモトサトシの提唱した理念に忠実であろうとする流派で、「自分が本物のナカモトサトシだ」と自称するオーストラリア人起業家Craig Wright氏の後援を受けています。そのBitcoin SVを支持し、Bitcoin ABCを亡きものにし、Bitcoin Cashを再び1つにすると豪語しているのが2018年11月に登場したばかりのマイニングプール「SharkPool」です。 Shark Pool – Mine empty blocks in alts SharkPoolはナカモトサトシの理念のみが真理とばかりに「真のBitcoinは一つだけ」を標ぼうし、Bitcoin以外の仮想通貨(アルトコイン)はすべて葬り去るべしという過激な思想を持つ「Bitcoin原理主義」とでもいうべき思想の持主であるAri Kuqi氏によって創設されました。そのBitcoin原理主義の下、SharkPoolはアルトコインを攻撃するマイナーを募集しています。あくまでボランティアとしての有志を募るSharkPoolですが、1年間は参加したマイナーに収益を100%渡すと約束しています。 Shark Pool miners will exclusively mine empty blocks on alts and sell the profits for Bitcoin (BCH).

仮想通貨売りに終わり見えず、ビットコインは4000ドル接近

仮想通貨相場は下落しています。

仮想通貨と言えば、ビットコインと言われるくらいなので、どうしてもビットコインを通じて、全体をみてしまうことがあるかと思います。

金融業界ではブロックチェーン技術は評価され、リップルを使った国際送金はすでに始まっている関係からか、ビットコインや他の仮想通貨とは違いリップルの価格だけ、異なった動きになったりしています。

話をビットコインに戻しますと、価格の下落でビットコインをマイニングしている業者は、壊滅的と指摘され、このままではマイニングしなくなると指摘されています。

確かにAntminer S9iのようなマイニングボードに投資した業者は、今の50万を切るレートだと赤字になるかと思いますが、かと言ってマイニングを止めるかというと売上がなくなるともっと苦しくなるので、マイニングを止めることはないと思います。

もし仮に赤字になるマイニング業者がマイニングするのを止めても、自国法定通貨に不信を抱える国民は自国の法定通貨より、ビットコインの方に信用を寄せていますから、こういった国では古いASICSボードを購入し、マイニングが始まることになるでしょう。

株にしても投資信託にしても、米国を始めとする経済大国の動向で予測すればよかったのですが、仮想通貨の未来を予測する上で大事なことは、自国法定通貨に不信を抱く国では、ビットコインが取引通貨として使われていますので、今回の下落をこれらの国どう捉えられているかをみて、考える必要があるのではないかと思います。

 

仮想通貨売りに終わり見えず、ビットコインは4000ドル接近

仮想通貨市場を飲み込んだ混乱が20日も続き、ビットコインは一時4000ドルに接近。全ての主要な仮想通貨が軒並み続落した。

仮想通貨モネロで移民を支援! 専用アプリによるマイニングで資金提供 米当局に拘留中の移民の保釈金に

米国では移民の子供を20日間以上収容してはならないという裁判所の判断がありますが、不法移民摘発「ゼロ・トレランス(寛容ゼロ)」政策により、親と引き裂かれ別の施設に移される子供が2500人以上いるとされています。

そんな中、仮想通貨モネロをマイニングすることで、拘留中の移民の保釈金に当てられる募金を開始しました。

モネロのマイニングは専用アプリで行われ、ユーザーのPCの10%から50%の処理能力で、行われます。

モネロを選んだ理由は、マイニングがASICのような専用マイニングボードがなく、一般的なPCでマイニングが可能で多くの人が参加しやすいためで、モネロの特徴である秘匿性は関係ないようです。

「Bail Bloc 2.0」のよるマイニングプロジェクトは、1人でも多くの人が保釈され、お子さんと会えるように応援したくなるプロジェクトと言えます。

 

仮想通貨モネロで移民を支援! 専用アプリによるマイニングで資金提供 米当局に拘留中の移民の保釈金に

ベイル・ブロックが、公判を控えて移民税関捜査局(ICE)に拘留されている人々の支援に、仮想通貨マイニングによる募金を活用するイニシアティブを開始した。

ゴーストタウンマイニングで復活なるか

マイナーの間でカナダは政治的にも安定し、かつ電力も安いので注目を集めているようです。

カナダの西海岸にあるオーシャンフォールズという町は20世紀の初めに、ブリティッシュコロンビア州で最大の製紙工場がありましたが、1970年に閉鎖してしまい現在の人口は100人を割りゴーストタウン化しています。

オーシャンフォールズには日本にもありそうな川をせき止めたダムがあり、工場に電力を送っていたダムに13メガワット(1.3万キロワット)ほどの発電が可能であります。

供給キャパが1.3キロワットであり、安い電力1キロワット4セント(約4.4円)のため、マイナーがオーシャンフォールズ・ブロックチェーンを設立し、格安の費用でかつての工場を借りデータセンターとしてマイニングを始めました。

ビットコインの暴落により、当初より目標していたマイニング収益とは程遠い結果となっているため、発熱した熱をサーモンの孵化に利用したり、多角化し収益が出るように模索しているようです。

「マイニング対象をビットコインにこだわらず収益の出やすい仮想通貨を、模索しながらマイニング出来る柔軟な方向性のほうが、利益は出やすくないの?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ASICボードで設備構成したみたいなので、それも難しそうですね。

マイニングにおける生産リスクは、気温と電気料金のバランスと言われています。

電気料金が水力発電を利用したただみたいな電気代でも、気温20度位ですとボードの故障率が高く、ボードの入れ替えコストを電気料金がヘッジすることになります。

逆に零下を下回るような極寒環境だと、ボードの故障率が下がるため、電力設備から供給のような特殊な環境でなくても、利益が出るようです。

オーシャンフォールズは天候も悪く、陸路では行けない極悪環境の地域です。

日本でもオーシャンフォールズのようなダムがあるところはあるのでしょうか?
日本の発電施設のダムがある地域でも、マイニングで過疎化を食い止め、復興する可能性が広がればいいですね。

 

The bitcoin boom reaches a Canadian ghost town

In 1971, an 11th grader named Greg Strebel wrote the introduction to a book about Ocean Falls, the tiny town in the British Columbian hinterlands where he lived. Strebel mentioned the odd fact that many of the town’s roads were made of wood, said the weather wasn’t as bad as some people made it out to be and noted that it had just gotten a new school building.

Adobeフラッシュアップデートを装ったマイニングマルウェアからScratchを守ろう!

MITが開発したScratchは、ネットワーク上で無料で使える子供プログラミング言語として、注目されていますが、そのScratchもフラッシュにお世話になっています。

そのフラッシュのアップデートを装った、クリプトジャッキングというマルウェアが見つかりました。

Scratchは子供たちがプログラミングを学ぶためのツールのため、経験も浅く、スキルの高くないユーザ、指導者が多く使用する可能性が高いツールです。

そのため、この手のマルウェアに感染するリスクは高くなりやすく、偽サイトからのダウンロード等の注意喚起が、必要な内容だと言えます。

Scratchは2019年1月により安全なjavascriptベースのScratch3.0が出来る予定ですので、それまで注意して使ってほしいと思います。

Adobeフラッシュは2020年で廃止される方向ですが、この手のマルウェアはその後もフラッシュのアップデートを装った方法は残りますので、ブラウザが未対応になるまで(かなり先ですね)継続的な注意が必要です。

 

 

Fake Flash Updaters Push Cryptocurrency Miners – Palo Alto Networks Blog

In most cases, fake Flash updates pushing malware are not very stealthy. In recent years, such imposters have often been poorly-disguised malware executables or script-based downloaders designed to install cryptocurrency miners, information stealers, or ransomware. If a victim runs such poorly-disguised malware on a vulnerable Windows host, no visible activity happens, unless the fake updater is pushing ransomware.

GMO、日本円と連動したステーブルコイン「GMO Japanese YEN」を発行

楽天やLINEやメルカリなど多くの参入企業が、コンソーシアムチェーンやパブリックチェーンでのフィールド展開を考えている中、GMOはマイニング、仮想通貨取引所、そしてステーブルコインと、パブリックチェーンによるビジネス方向性を、明確に打ち出していますね。

Z.comのアジアでの知名度が上がれば、GMO Japanese YENはうまくいくように思います。

JコインやMUFGコインのような銀行系のステーブルコインの方が、ペッグ通貨としての信用度は高そうですが、GMOのほうがスピード感がありそうですね。

 

GMO、日本円と連動したステーブルコイン「GMO Japanese YEN」を発行

GMOインターネットは10月9日、仮想通貨事業における「決済」への参入を見据え、価値の安定した仮想通貨のステーブルコインをアジア地域で発行する準備を本格的に開始すると発表した。 …