リップル

送金コンセプト仮想通貨から仮想通貨普及を見た

仮想通貨が決済で使える通貨として普及するためには、送金スピードの改善が必須となります。

もちろん、それ以外にも価格が安定しているという部分もありますが、今回は決済速度(送金スピード)にフォーカスをおいて見ていきたいと思います。

送金スピードの早い仮想通貨といえば、リップル(XRP)とステラ(XLM)がありますが、この2つの通貨は共通点は多いものの、共に独自性と強みを持つ部分もあります。

例えば、コンセンサスアルゴリズム(承認方法)のスピードは送金スピードにも影響するので、リップルはコンセンサスアルゴリズムを取引の承認を行う人を最初に任命し、その人達の80%が有効と判断したら、承認されるPoCアルゴリズムの仕組みを取っています。

しかし、この方法は管理体制が中央集権的と言われ、ブロックチェーンの理念から外れるという人もいます。
そのため、ステラはリップルの採用しているPoCコンセンサスアルゴリズムに承認を行う人を投票ルールを組み込んだSCPを採用しています。

また、ターゲットもリップルが法人向けなのに対してステラはフィリピンやベトナムなどから先進国へ出稼ぎに来ている労働者がターゲットに開発されています。

彼ら、彼女らが祖国の家族に送ったお金が、出来ればそのまま使えるようになる需要があるのは、容易に想像できますね。

保有割合はリップルが50%に対して、ステラはわずか5%、残りの95%が市場に流通しており、流動性はリップルより多いです。

これはステラが個人送金をターゲットにしているため、価格が低く抑えられる必要性があるからだとも言えます。

また、リップルは銀行間送金などの法人向けサービスのため、市場規模は世界的なのに対し、ステラは個人送金向けであるため、国内からの資産流出に対して規制の厳しい国では、規制の対象となりやすいと言えます。

リップル、ステラとも送金に特化した仮想通貨ではありますが、それぞれの得意分野を活かし協調することで、仮想通貨の普及が促進すると思われます。

先日、ある人と話をしていて、ちょっと気になったのですが、
「中国は仮想通貨を厳しく規制しているから、保有率はわずか3%しかいない。」と嘆いていましたが、それでも中国には4000万人の保有者がいる計算で、日本の保有率11%の1000万人よりはるかに多いですからね。

 

「stellar lumens ripple」の画像検索結果

仮想通貨リップル (XRP) 80%暴騰でビットコイン追う バブル以来の出来高は韓国勢がけん引

リップル(XRP)不要論の影響で値を下げていたリップル(XRP)ですが、今週に入ってリップル幹部がリップル(XRP)の使用が必須となる決済プラットフォーム「xRapid」が来月にも立ち上がるとの発言から、「やっぱり、リップル(XRP)必要じゃん!」となり、21日に80%近く上昇しました。

牽引したのは韓国でアップビットとビッサムではあわせて1000億円を超える出来高、バイナンスでも、対ビットコインと対テザーの取引をあわせて900億円の対リップル取引がありました。

注目したいのはこの上昇は法定通貨からの流入ではなく、仮想通貨内の資金移動で集まってきたということです。

これによりビットコインのドミナンス(支配率)が一時的に50%を切りました。

今回のリップル(XRP)の上昇は昨年末の韓国によるビットコインキャッシュと同じ感じなので、参考にしてみてもいいかも知れませんね。

 

仮想通貨リップル (XRP) 80%暴騰でビットコイン追う バブル以来の出来高は韓国勢がけん引

リップルの大相場が再び始まるか。

5年後、リップル97%急落とMoneroの急騰の理由

当研究室でも何度か指摘したことがありますが、リップル社のリップルネットワーを使った送金は、必ずしも仮想通貨リップル(XRP)が必ず必要でないため、サティスによると仮想通貨リップルは5年後に97%に価格が下がるとしています。

仮想通貨リップル(XRP)は中央集権的で、発行枚数もリップル社がコントロール出来てしまうことや、アメリカ証券取引委員会(SEC)から、リップルは証券に該当する可能性があると、指摘している影響もあると思います。

 

注目したいのは5年間で価格が上がるのがDApps(分散アプリ)で利用が想定されるイーサリアム(ETH)よりも、税金や規制を逃れるためにオフショアに預金を移動する需要が増え、秘匿性が高いMonero(XMR)だということです。

当然、各国はこの秘匿性が高い通貨を規制しようとするでしょうが、流動性が高い仮想通貨を規制することは難しいでしょう。

個人的には、同じ秘匿性が高い通貨、Dash(DASH)よりもMonero(XMR)の方が、上昇率が高いのが気になります。

ビットコイン(BTC)も5年後には、①取引場所の拡大、②認知度の向上、③仮想通貨市場のデフォルトベースペア、④ボラティリティの減少、⑤セカンドレイヤーの発達による処理能力の向上で、約1,000万円(1200%以上の上昇率)5つの要因をみると可能性は高そうです。

 

仮想通貨リップル、5年後に97%急落 モネロとビットコインは急騰=米リサーチ機関の予測

サティス・グループは30日、今後の仮想通貨市場についてレポートを公表し、ビットコイン(BTC)とモネロ(XMR)が急上昇する一方、リップル(XRP)は急落すると予想した。

米Ripple社の国際送金ソリューションxRapidが、3カ国の仮想通貨交換所に採用

リップルはRippleネットワークを使ったソリューション(xVia・xCurrent・xRapid)がうまくいっているようですね。
xRapidは送金を必要とする送金業者向けのソリューションで送金時に自動でXRP(Rippleコイン)に変換して送るように設計されています。

XRPと言えば、セキュリティトークンにおいて、アメリカ証券取引委員会(SEC)からビットコインやイーサリアムは証券ではないが、XRPは証券に該当する可能性があるといわれ、仮想通貨取引所が有価証券に当たるXRPを、取り扱う事が出来なくなるのではないかと言われたりしています。

XRPがアメリカ証券取引委員会に証券でないと認めてもらうには、通貨として認められる必要があります。

今回の仮想通貨取引所でxRapidが使われることで、XRPがRippleネットワークの通貨としての事実を積み上がることになりますので、XRPにとっては大きなプラス要因とも言えるでしょう。

今回の仮想通貨取引所のxRapidの採用は、XRPの将来を危惧したマーケティングの上手なRipple社からの、アプローチだったりしたのかも知れませんね。

米Ripple社の国際送金ソリューションxRapidが、3カ国の仮想通貨交換所に採用 〜米ドル・メキシコペソ・フィリピンペソで即時国際送金を可能にしコストも削減

米Ripple社は8月16日(現地時間)、同社のブロックチェーン技術を用いた国際送金ソリューション「xRapid」が、仮想通貨交換所を運営する米Bittrex社、メキシコBitso社、フィリピンCoins.ph社の3社に採用されたことを発表した。xRapidによって各国の法定通貨と仮想通貨XRPの相互即時変換が可能となり、送金先通貨建ての口座を必要としない国際送金を迅速に行え、かつ、コストも…

ETF承認間近!? 今日のビットコ情報

今日は仮想通貨の相場について書いていこうと思います。

ここ最近は皆さんご存知の通り、アルトコインも含めて低迷期となっています。

しかし、Twitter界隈では23日に下される、

ProShares版ビットコインETFの承認結果が注目されています。

https://limo.media/articles/-/7122

 

ETFというのはExchange Traded Fundの略称です。

和訳は、「証券取引所に上場している投資信託」

つまり、簡単にいうと、株と同様に証券取引所で取引できるようになるということです。

 

さて、このETFが承認されると、仮想通貨市場により多くの資金が流れ込みやすくなる=市場規模が大きくなるので、需要と供給の関係からビットコインの価値が大幅に上昇するということになります。同様に、連られてアルトコインも上がるでしょう。

ただ、これって相場が安定していないと難しいと思います。ビットコインは大口トレーダーに現状操られていて、中々安定しません。

このままだと難しいのでは・・・

という状態に追い打ちをかけることが今朝起きました。

 

午前10時丁度にカチ上げました。

 

午前10時何があったかというと

ビットコイン取引数NO1のbitmexのメンテナンス開始時間だったのです。

身動き取れないうちに、ハイレバレッヂの多くのショーターが焼かれたことでしょう。。。

ちなみに、XRPは現在価格の4倍まで一時上昇しました。

チャートを見てみるとそこだけ、ロウソク1本MOONしておりますので、何だか笑えてきます。

とにもかくにも、ETF次第で上に行くか下に行くか決まるのかもしれません。

 

ここ数日の動きに注目です!

Rippleがテキサス大学に2.2億円の出資。その他17の大学にも出資。

リップル社はブロックチェーンの研究と技術開発を大学と共同で行うことで、学生の学習意欲を満たすカリキュラム作成や幅広い理解とイノベーションを促すために、マサチューセッツ工科大学やプリンストン、ハイデラバード、ルクセンブルクなどの有名大学の、ブロックチェーン学術研究に5年間で約55億円の出資をすることしていました。

それを受けてこの度リップル社は、テキサス大学に5年間で約2.2億円を、出資することを発表しました。

リップル社は昨年末に発表された内容によりますと、550億XRPを55のエスクローに分割されて保管され、2018年1月から毎月1日に10億XRPずつ55ヶ月にわたり解放します。月毎にロックアップが解除されたXRPは流動性プロバイダーへの報酬などに利用されるとされています。

このロックアップ解除した資金の1部を充当するのでれば、5年間で約55億円の有名大学への出資は難しくなさそうですね。

リップル社の動向を戦略的な目で見てみますと、リップルコインといくつかのプロダクトサービスを分けたこと、送金に特化したこと、ロックアップ解除の資金の一部を大学への出資し、ブロックチェーン基盤技術でのイノベーション、アイデアを促すこと、新しいジャンルで起業し、そのジャンルである一定のポジションを獲得し成長していく過程は、見事な戦略でとても参考になるように思います。

Rippleがテキサス大学に2.2億円の出資。その他17の大学にも出資。 | Coin Info[コインインフォ]

Ripple Labs は五年間にわたり200万ドル(約2.2億円)をブロックチェーン技術開発費用としてテキサス大学オースティン校に出資することを発表しました。 Rippleに関する最新ニュースはこちらを参考にして下さい。 RippleのUBRI(University Blockchain Research Initiative)は …