Airdrop

2018年ICOプロジェクトの傾向と2019年予想をエアドロマニアより見た

エアドロマニアの注目度から、2018年のICOの傾向と2019年のトレンドを、予測してみたいと思います。

2018年の前半は数多くのICOが実施されたこともあり、それに比例してエアドロップも数多く実施されたました。

後半はというと仮想通貨の下落もあり、ICOプロジェクトの数も少なったため、それに比例するようにエアドロップの数も、前半よりも少なくなりました。

仮想通貨の下落により、世の中の仮想通貨への注目度も下がりましたので、エアドロップによるプロモーション効果を期待できないとの判断も、多少あったのではないかとICO研究室では見ています。

国内のエアドロップはいくつか見受けられましたが、純粹な国内でのICOプロジェクトはALIS以降は金融庁の規制の関係で難しく、ほとんどのプロジェクトが海外で実施するICOでした。

2019年は金融庁の規制も明確になりますので、ALIS以来の純粋なICOプロジェクトが、たくさん出てきますので楽しみです。

エアドロマニアでの注目度から2018年のICOの人気プロジェクトは、エンターテイメント系がTOPのASOBI COINを始め、TOP10に3つランクインしており、人気が高いと言えます。

これは身近なプロジェクトであること、エアドロップされたコインの使い道が目的化されていることが、あげられるかと思います。

ICOプロジェクトのスキームを考える上で、参考になる事例といえますね。

それよりも多かったのが、金融関係のICOプロジェクトで。TOP10に4つもランクインしています。

仮想通貨の性質上、金融系のICOプロジェクトは、金融システムからの問題点へのアプローチなので、改善イメージしやすいからだと私達は見ています。

このTOP10には現れていませんが、今年の後半から目立ったICOプロジェクトのジャンルとして、DEX(分散取引所)のエアドロップで、現在でも10プロジェクトが実施されています。

2017年、2018年は仮想通貨取引所から流失する事件がいくつかありましたが、DEX(分散取引所)だと流出する危険性がないため、多くのプロジェクトが立ち上がったためだと思われます。

そのため、2019年は仮想通貨取引所(DEXを含)が増え、提携や統合を繰り返し、淘汰される年になると、ICO研究室では見ています。

取引所も個性を打ち出し差別化が始まりますが、一度コモディティ化し、2019年の終わりあたりから、次の時代のスタンダードな取引所の形が出てくるでしょう。

2019年1月からアマゾンでも販売されるブロックチェーン対応スマホ、SRIN LabのFinneyやHTCのExodus1の登場により、ブロックチェーンアプリ(DApps)が数多く登場してくると思われます。

そのため、2019年のICOプロジェクトはDAppsに関わるものが増え、エアドロップされるとICO研究室は予測しています。

スマホでマイニング出来るプロジェクトや、個人間送金のソリューションなど、ブロックチェーンテクノロジーがスマホに降りてくることでの、生活へのインパクトは2018年以上に2019年のほうが大きいと言えるでしょう。

 

【エアドロマニア2018年注目度TOP10】
1  ASOBI COIN(ゲーム)エンターテイメント系
2 DX.Exchange(取引所)取引所
3 Stellar(決済用仮想通貨)仮想通貨系
4 HashWorld(ゲーム)エンターテイメント系
5 BitMinutes(非銀行利用者に安価な金融サービスの提供)金融系
6 RealTract Network(スマートコントラクト、プロトコル開発)仮想通貨系
7 Montex Project(オンライン銀行)金融系
8 Alibabacoin(eコマース)金融系
9 MyCryptoBank(オンライン銀行)金融系
10 ConcertVR(エンターテイメント)エンターテイメント系

 

それでは良いお年をお迎えくださいませ。

 

「initial coin offering」の画像検索結果

 

これはすごい!史上最大規模142億円相当のステラ(XLM)のAirdrop

仮想通貨ウォレットプロバイダBlockchain.comがユーザに総額1億2500万ドル(約142億円)相当のXLMを配布します。
Blockchainは2011年にサービスインした仮想通貨ウォレットプロバイダで、現時点で3000万近いウォレット発行数し、140カ国の国々でサービスの提供を行なっています。

今回のエアドロップ対象者は、全てのBlockchain.comウォレットユーザを対象に行われるため、1人あたり25ドル(約2800円)相当のXLMを受け取ることができると予想されています。

エアドロップ期間は、数ヶ月間に渡って行われ、地域によってその受取額が変動するほか、既存Blockchain ウォレットユーザから優先的に配布されていく予定です。

Blockchain.comによると「これは最大のエアドロップ であり、これまでで最大の消費者プレゼントの可能性が高い」と説明。
また、エアドロップについても、「消費者が最初にマイニングや投資をすることなく、まだ身近とは言えない仮想通貨をテストしたり取引したりできると、説明している。

6日、Blockchain.comがアルトコインのステラ(XLM)のフルサポートを開始しましたが、ステラのスケーラビリティとカスタムトークンを作成機能があることがサポート理由。
Blockchain.comはステラ以外にビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)もサポートしている。

エアドロップされるステラ(XLM)は時価総額が6番目に高いメジャーコインで、ステラの総流通量の2.6%、総発行量の0.47%に相当する大盤振る舞いのエアドロップと言えます。
すごい!

エアドロップは、仮想通貨の幅広い普及とコミュニティの発展に大きな影響を与えると言われていますが、今回のステラのエアドロップは、その対象となる3000万近いウォレットユーザであり、ステラの普及を促進させ、非中央集権化とコミュニティの発展に大きく貢献すると思われます。

エアドロマニア(Airdrop情報)では手順を含めたエアドロップ情報を掲載しています。Stellar(XLM):https://www.airdropcoin.site/detail.php?coin_id=3136

 

Introducing: Stellar, now in the Wallet, and $125M of free crypto in your pockets

The Blockchain Wallet is designed so users can control their crypto with ease and truly use it. But we’d be nowhere without the tens of millions of people that have used the Blockchain Wallet and allowed us to pioneer user-controlled finance at scale. There are so many ways we

【OGTトークン】 本当にもらえた!【とりあえず1からやってみよう】

先日、投稿したOGTについて続報です。

【 ONE GAME 】実際にやってみた ※中毒注意 

 

アバターウォレット&ゲームで遊ぶICO、

“ONE GAME” をご紹介して二週間以上経ちました。

 

一応、ICO研究室に書くためとは言っても、

ゲームをするなんて大人のやることではないのでね!

※ゲーマーの血が疼きだして危機感を抱いたという真実

 

 

まあ、そんなことは置いておいて、

10日ほど前結構ガッツリやり、

約1000スコアは出しました。

ですが、上は4000、5000、、、

OGT欲しいけど、時間勿体ない。。。

 

という感じで、ガチホ(ガチ放置)しました。

 

 

ですが、先ほど蓋を開けたら、、、

 

 

本当にもらえました!!!

案外低スコアでも上位20%、いけるもんですね!

 

このままやっていけば、

OGTでお小遣い稼ぎできそうです。

 

ただ、私の様な雑魚が上位に入っているということは、

まだまだプレイ人口が少ない&皆下手

ということが予測されるので、

皆さん参加して盛り上げてみてくださいね。

 

【追伸】

これから新規アカウント作る人、紹介コードにとある数字を入れると、

エアードロップで300OGTもらえるそうです。

私の時はそんなものはありませんでした。(通常のエアドロはストップしていたため)

私の今までの努力・・・・・(;゚Д゚)

 

ちなみにその数字は出回っていませんが

私、知ってます。(ドヤァ)

 

けど、それ教えても私メリットないので、

ひ・み・つ

 

だと性格悪すぎなので、

この記事のどこかにヒントが書いてあります。

 

さて、見つかるかな(-。-)y-゜゜゜

Airdrop(エアドロップ)が再評価される

ICOはinitial coin offeringと言われていますが、投資家にとってはスキャム的(詐欺)なICOが増え、リスクが大きいことで知られているため、各国の規制強化の方向性になっています。

これに取って代わって再評価されているのが、エアドロップでユーザー基盤と活発なコミュニティの両面を構築できる可能性があり、新たなユーザーにトークンを配布して、結果的にユーザー数が増える方法として再評価されて来ています。

エアドロップは多くの投資家が関心を抱き、ICOに比べて人気が高まる潜在的可能性があります。

また、ソーシャルメディアで共有されて人気が高まれば、エアドロップされたトークン発行プロジェクトは瞬く間に広がる可能性もあるため、マーケティングの側面としても注目されています。

バミューダのような仮想通貨肯定的な国でも、ICOは登録制となり規制する方向のようです。

ICOが規制された場合、エアドロップはどうなるのでしょうか?
無料でトークンを配布するエアドロップの方法は、ICOが規制されても合法な手段として残る可能性が高いです。

ICO研究室では、ICO評価度やコミュニティ度などを数値化し、将来性のあるエアドロップを一目で発見できるサイト『エアドロマニア』を運営しています。

エアドロップで金銭やウォレットのプライベートキーを要求されることはまずありませんので、不用意に送ることを避けるようにしましょう。

 

 

「硬貨」の画像検索結果

 

VeChainのメインネット移行を記念してバイナンスがVTHOのエアドロップ開催!

高級ブランドのコピー問題を解決する「真贋判定を行うプラットフォーム」であるVeChainは、追跡を行う商品にNFCチップを埋め込み、ブロックチェーンのシステムにより取引履歴を照合できるため、「商品追跡を行うプラットフォーム」とも言われています。

IoT技術との組み合わせで、食品や医療品など、人の健康に直接関わる製品の流通情報をもモニタリングを強化してより高度な安全性を確保できます。

その仮想通貨VeChain(ヴィチェーン/VET)の立ち上げを記念して、バイナンスはVETを保有するすべてのバイナンスユーザーに、1億VTHOを送付するそうです。

バイナンスは仮想通貨取引所ですが、取引所の優位性を活かし、様々なブロックチェーンのエコシステムを、実現化しようとしているのでしょうね。

ちなみに、VeChainのエアドロップは、バイナンスユーザー対象のため、エアドロマニアでは掲載されていません。

I love Binanceな研究員からの要望があり、エアドロマニアでも掲載することにしました。

 

VeChainのメインネット移行を記念してバイナンスがVTHOのエアドロップ開催! | BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

大手仮想通貨取引所 Binance(バイナンス) は、VTHOトークンのエアドロップを行うことを発表しました。 Binanceは、仮想通貨 VeChain(ヴィチェーン/VET) のメインネット立ち上げを記念して、VETを保有するすべてのBinanceユーザーに1億VTHOを送付するとしています。1億VTHOは、2018年8月1日の午前0時(UTC)にVETを保有するすべてのユーザーに分配されるとのこと。スナップショットの時点で保有しているVET残高の割合に応じてVTHOの枚数が決まります。 #Binance 100 Million #VTHO Airdrop for #VET Holders https://t.co/kYvQvu4XXa pic.twitter.com/R4xEAjudZ8 – Binance (@binance) July 26, 2018 ・ トークンスワップの準備を!仮想通貨VeChain(ヴィチェーン/VEN)のメインネット移行が迫る ・ メインネットとテストネットの違いとは!?EOS,Ontology,VeChainも紹介!! The following two tabs change content below.

無料で始めるICO投資エアドロマニアアプリをリリース!

無料で始められるICO投資エアドロップの情報ツール『エアドロマニア』のプレスリリースが行われました。

ICO詐欺が社会問題化していますが、ICO評価度やコミュニティ度、開発頻度を数値化することで、取引所上場までの可能性の高いICOプロジェクト、詐欺的な可能性の低いプロジェクトをわかりやすく探しやすくしました。

なにより無料なので損しませんし、楽しみがあるのも事実です。
無料で始めることができるICO投資、エアドロップでICO投資を始めてみませんか。

【アプリ機能】
・無料でもらえるAirdrop(エアドロップ)の情報をわかりやすく日本語で表示

・詳細情報からはICOのホワイトペーパーやプロジェクト動画、各コミュニティサイトへのリンクも掲載

・エアドロップの参加に必要なアカウント絞込み機能

・注目度、新着順、コミュニティ度、評価度、開発頻度による並べ替え機能

・「あとで参加」機能によるとりあえず機能

・ MyEtherWallet( ETHア ド レ ス ) の ア ド レ ス コ ピ ー 機 能

・プロジェクトのICO評価度、開発頻度、コミュニティ度の星と数字表示によるわかりやすさ

 

 

星数の多いプロジェクトのは他のICOよりも取引所への上場の可能性が高そうです。

上場すれば、もらったコ インは将来換金することもできるので、楽しみながら待つことが出来ます。

ICOに投資をしてみたいけど、不安な方や将来有望なICOを見つけてみたい方にオススメのアプリ!
草コイン収集するツールとしてもオススメです。

このアプリで仮想通貨コインマニアになって有望なプロジェクトを応援してみてもいいかもしれませんね。

 

【使い方】
登録など面倒な手続きは必要ありません。 ダウンロードしたら、すぐ使い始めることができます。

【アプリ】
登録など面倒な手続きは必要ありません。
ダウンロードしたら、すぐ使い始めることができます。

エアドロマニアiphoneアプリ

iphoneアプリダウンロード

エアドロマニアAndroidアプリダウンロード

Androidアプリ

 

 

 

 

 

無料から始めるICO投資エアドロップ『エアドロマニア』アプリ

無料から始めるICO投資エアドロップツール『エアドロマニア』 https://www.airdropcoin.site/

【アプリ内で使われている用語】

必要アカウントとは
エアドロップを申し込みする時に必要となるSNSやメールなどのアカウントです。 持っているアカウントを選択することで選びやすい機能となります。

注目度とは
ユーザのアクセスが多いものです。
アクセスが多いものの中には、隠れた人気プロジェクトがあるかもしれません。

ICO評価度とは
いいICOプロジェクト、成功するICOプロジェクトの基準の1つにホワイトペーパーの出来があります。 ICO研究室では、独自にホワイトペーパーの出来などを評価し、数値化したのがICO評価度です。あくまでも、独自評価 ですので参考程度のものとお考えください。

コミュニティ度とは
詐欺的なICOは実態のない架空のプロジェクトが数多く存在します。 ユーザ同士の意見や要望などコミュニティが活発に行われているかどうかを数値化することで、そのプロジェクトが架空 かどうかの判断の助けになるのがコミュニティ度の数値化です。

開発頻度とは
トークンの用途となるプロダクト開発の状況を把握することが難しいと言われています。 そこでICO研究室ではプロジェクトが動いているかどうかを開発頻度として数値化しています。

 

注意事項:エアドロップのサイトでは個人情報の登録も求めるものもあり、中には個人情報だけ取られてコインをもらえないサイトもあるかもしれません。個人情報の入力を求められた時にはよく考えて判断してください。

 

【サイト】

エアドロマニアサイト

エアドロマニアサイト

「仮想通貨の詐欺被害は3300億円」米連邦取引委員会が報告

仮想通貨の詐欺被害は、今年の始めからの2ヶ月で582億円で、年末までで3300億円と予測されているようです。

被害が拡大しているのは、投資家の注意の欠如がひとつの要因であり、短期で利益をあげようとする投資家が被害に会いやすいようです。

また、投資しようとしているトークンの説明を知人に出来ないようであれば、そのトークンを購入すべきではないとしています。

投資家への注意
・短期で利益をあげようとしていないか?
・投資しようとしているトークンを理解し知人に説明できるか?
・失っても困らない程度の投資額にとどめているか?

投資対象となる商品が存在しない明らかな詐欺であれば立証しやすいが、ICOの詐欺はトークンを発行すればいいだけなので立証が難しいようです。

また、トークンの用途となるプロダクト開発の状況の全容を把握することが難しく、プロダクトが長い間完成しない場合、詐欺目的に資金調達したかどうか断定することが困難なようです。

ICO研究室では仮想通貨の投資方法の中で、リスクが少なく始められるエアドロップに注目し、エアドロップの情報サイト『エアドロマニア』を立ち上げました。#近日中にアプリもリリース予定。

『エアドロマニア』では、下記の機能を数値化することで、詐欺の可能性の低いプロジェクトを、見つけやすくなるように工夫しています。

・トークンの説明やプロダクト開発の状況を把握の助けになる開発頻度の数値化
・架空のプロジェクトでないかの判断の助けになるコミュニティ度の数値化
・ホワイトペーパーの質などから導き出すICO評価度の数値化

また、無料でもらえるエアドロップ以外のICOもありますが、実施者がエアドロップをおこなうのはプレセール前であったり、ICO初期の段階で行われることが多く、配られたトークンを元にICO投資を検討されたほうが、投資判断がやりやすように思います。

仮想通貨に対する規制は世界中で進んでおり、詐欺被害に繋がる率が高かったGoogle、Facebook、TwitterなどのSNS上の仮想通貨関連広告は禁止を発表していますので、ますますエアドロップをおこなうプロジェクトは増えてくると予測しています。

 

「仮想通貨の詐欺被害は3300億円」米連邦取引委員会が報告 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

商業取引等を取り締まる米連邦取引委員会(FTC)は今週月曜日、仮想通貨関連の詐欺被害対策のためのワークショップを開催し、今年の始めの2ヶ月間で仮想通貨関連の詐欺被害額が582億円だったと発表した。FTCで消費者保護を担当するAndrew Smith氏は、2018年末には詐欺被害が3300億円にまで拡大すると予測する。 …

ブロックチェーン・プロジェクトの92%が失敗 平均寿命は1.22年

世界で8万件余りのプロジェクトが実施され、今日まで生き残っているのは8%である640件ほどに過ぎないそうです。

その原因は他社文書や個人情報の盗用、不可能な利益の偽計保証、経営陣の失踪や偽の経営陣などの詐欺まがいのICOが多いためだそうです。

ただ、失敗したプロジェクトがすべて詐欺まがいではなく、技術上のノウハウ不足やマーケットが飽和状態が原因もたくさんあるようです。

今後もたくさんのブロックチェーンプロジェクトが実施されると思いますが、すでに飽和市場で類似プロジェクトがあったり、文書盗用を疑われたりすることもあるため、今多数のプロジェクトが失敗するのは変わらないように思います。

ICOへの投資をする際は、『プロジェクトの98%は失敗で平均寿命1.2年』を、頭の隅においておいたほうが良さそうです。

98%の失敗リスクを回避し、投資経験を積めるエアドロップ*が今後注目されるように思います。
(エアードロップとは:プロジェクトのサポーターに行われるコインの無料配布のこと)

無料でもらえるエアドロップの情報サイト『エアドロマニア』

 

 

ブロックチェーン・プロジェクトの92%が失敗 平均寿命は1.22年|CoinChoice

ブロックチェーン技術はこれまで、世界で8万件余りのプロジェクトが実施されたが、今日まで生き残っているのは僅かに8%、640件ほどに過ぎず、その平均寿命も約1.22年という、将来的に余り喜べない意外な事実が明らかになった。 これは中国・工業情報化省の情報通信研究院(CAICT)が調査した結果で、2018年5月末に中国・貴陽で開かれた「2018年中国国際ビッグデータ産業展覧会」で報告された。 …

500万円相当のASOBI COINが賞品のゲーム大会「AVABEL SUPER FIGHT!!」開催 ~10,000人の大規模三つ巴バトルを2週連続実施~

eスポーツが盛り上がる中、アヴァベルオンラインにて最大10,000人のプレイヤーが、3つのチームに分かれて獲得ポイントを競い合う大規模三つ巴バトルが、6月29日(金)・7月6日(金)の両日20時より開催されるようです。

勝利したチームに1大会あたり500万円相当のASOBI COINを分配し、優勝チームに属した全員で分ける。

ASOBI COINは、アヴァベルオンラインで使える「魔石」を購入できたり、二次流通プラットフォーム「SOBI MARKET」で使えるようになるようです。

ASOBI COINは7月4日15時よりICOプレセールを開始しますが、無料でもらえるAirdropや今回のようなゲーム大会の賞金によるASOBI COINの入手は手軽で楽しみながら入手できるいい機会と言えそうですね。

 

アヴァベルオンライン

2018-06-08 500万円相当のASOBI COINを商品とした大会『AVABEL SUPER FIGHT!!』開催! | アヴァベルオンライン

『ICO投資家、平均82%のリターンを得ていたことが判明ことから』わかること

BTSNの記事では、取引所に上場したICOの価格は上場後16日間で平均182%も上昇しているようです。
上昇の原因はSNSでの情報発信が増え、流動性が高まったためと考えられます。

ICOを行うプロジェクトのほとんどはtwitterアカウントを作成しますが、そのアカウントが約10か月前とか早めに作られたプロジェクトのほうが、取引所への上場の確率が高いようです。

やはり、コミュニティの活発さが、ICOの成功や価格に大きく影響しそうですね。

また、1トークンの価格を30円と安く設定し、購入しやすくしているところの方が上場しやすく、
調達された資金は中央値で4.1億円だそうです。

こちらも成功の要因も上場できたICOは出来なかったところに比べ、3倍以上資金を集めているようですので、トークン単価を下げ、参加しやすくし、コミュニティを活性化することがポイントのようです。

この資料にはAirdropとICO成功に関するコメントはありませんでしたが、おそらくトークンをもらえる条件として、SNSでのコミュニティを促すものが多いエアドロップは、成功の近道となり、今後増えるように思います。

ICO研究室では、Airdropの情報を集めたサイト『エアドロマニア』をプレリリース中ですが、ICO参加者のためにICO評価基準を表示していますが、成功の秘訣がコミュニティの活性化だと言えそうですので、効率的に成功するICOを見つけやすくするため、コミュニティの活性度も表示するようにするため、急きょ追加予定です。

 

 

世界から最新Airdrop一覧-仮想通貨ICOのAirdrop(エアドロップ)サイト

Airdrop(エアドロップ)の日本語での情報量はきっと1番、世界中のAirdrop(エアドロップ)情報を掲載するエアドロップコイン。

 

ICO投資家、平均82%のリターンを得ていたことが判明 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

米マサチューセッツ州にあるボストン・カレッジのHugo Benedetti氏とLeonard Kostovetsky氏は、2017年からのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に関する調査を行い、投資家は平均で82%の投資益を上げていたことを報告している。調査は4003種類のICOを対象にして行われた。集められた資金は1.3兆円に上る。 Hugo Benedetti氏とLeonard …