Dapps

HTC、ブロックチェーン採用Android端末「Exodus」を年内発売へ

5月15日にHTCが米国で発表したAndroidスマホ「HTC Exodus」はブロックチェーン端末だそうです。
スマホでからロックチェーンノードにネイティブに参加し、Bitcoin、Lightning Networks、Ethereum、Dfinity上のプロトコル上の仮想通貨の取引をやりやすくするそうです。
ブロックチェーン技術を使って開発されるDAppが今後は増えそうですね。

スマホが直接ノードに参加する方法は、アプリケーションレベルで行なう方法と既存OSでありうAndroidに実装する方法そしてブロックチェーンOSで行なう方法があります。

昨年の12月にICO研究室でホワイトペーパー公開質問させていただき、177億円を調達したSIRINラボはスマホでブロックチェーンネイティブOS開発プロジェクトでした。

ブロックチェーンネイティブOSが実現すると、パーソナルペイ(個人間取引)がかなり便利になると思われますので楽しみですね。

 

HTC、ブロックチェーン採用Android端末「Exodus」を年内発売へ

台湾HTCは5月15日(米国時間)、ニューヨークで米Coindeskが開催したイベント「Consensus 2018」で、ブロックチェーンを採用するAndroidスマートフォン「HTC Exodus」を発表した。このプロジェクトを統括するフィル・チェン氏はCoindeskに、年末までに出荷する予定だと 語った 。 Exodus  以前はVRヘッドセットの「Vive」を担当していたチェン氏は …

ファーウェイがブロックチェーンスマホを開発か、DApp機能を実装

記事が概念的でよくわからない部分もあるのですが、ウォレットでは個人間の取引も可能ですので、ハードウェアウォレットとしてSIRIN OSでカーネル((kernel))レベルで取り込むということなんですかね。

中華系のツールはデータを抜かれるとネガティブな情報も多いのですが、huaweiに関して言えば、「タッチアンドトライ」の精神で日本に企業以上に先進的で時代にあった製品を出していきそうですね。

ファーウェイがブロックチェーンスマホを開発か、DApp機能を実装

世界第三位の携帯電話メーカー、ファーウェイがブロックチェーン技術をベースとするスマートフォンを計画していることがわかった。スイス企業と協力し、分散型アプリケーション(DApp)をサポートする。

Dapp経済圏を拡大促進させる“日本初のAPI取引所”APIbank。優良APIを一括して取引が可能に

API開発者が個別にソフト会社やAPI提供者と契約や評価テストする手間を簡単に出来、開発効率を高めるためのAPI取引所、SOBAプラットフォームというのが出来るようです。
SOBAプラットフォームの役割はAPI提供者支援、APIマーケティング・販促支援、API開発者支援だそうです。

SOBAプラットフォームは現在のサーバで動作するアプリケーションのAPI向けのサービスというよりは、ブロックチェーン上で開発されるアプリケーション(Dapp)のAPI向けのプラットフォームになりますかね。

今までのアプリケーションは単一の障害に弱く、不透明性が高いのですが、ブロックチェーン技術を利用したアプリケーションDappsは、単一障害がなく、過去のデータを改ざんすることもできないため、アプリケーションの書き換えが今後進むと思われているので、研究室でも話にあがったプロジェクトです。

 

Dapp経済圏を拡大促進させる”日本初のAPI取引所”APIbank。優良APIを一括して取引が可能に | AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア

ここ数年、APIエコノミーという言葉をよく聞くようになった。これは、APIを使ったビジネスという意味で、企業が持つ多くのサービスやデータをAPIによって外部に公開し、それらを他社が利用することによって、大きな経済圏が作られていくというものだ。 しかしAPIに関してはまだ情報が偏っていたり、技術的な整備がされておらず、企業や個人が使用するには不便な状況だという。 …

イーサエモンがポケモンぽくておもしい!Dappsってなんだ

イーサエモンとは簡単にいうとイーサリアムを使ったポケモンのようなゲームで、ゲームを通じて仮想通貨が稼ぐことも出来るようです。

以前、イーサリアムの猫ゲームであるCryptoKitties(クリプトキティーズ)を紹介したことがありましたが、イーサエモンはポケモンのように卵、経験値、進化、バトルなどがありますのでポケモンを経験した人には分かりやすいゲームとも言えます。
その上、イーサエモンは自分のモンスターを他のプレイヤー貸したりすることで、イーサエモンゲーム通貨であるEMONTコインを稼ぐことが出来るので、そういう意味ではポケモンより多機能です。

最初のモンスターはイーサリアムのトランザクション費用で貰うことが出来ますので、まずは体験してみてもいいかもしれませんね。

 

Etheremon – Decentralized World of Ether Monsters

Etheremon – Decentralized World of Ether Monsters. Blockchain, Monsters, Ether, Ethereum, Bitcoin, World of Ether Monster, worldofether monster

 

今後のDapps(非中央集権・分散型のアプリケーション)で作成されたゲームは増えそうな感じですね。
ブロックチェーン技術の将来性はよく耳にするようになりましたが、ブロックチェーン技術の1部を使ったもの、似て異なるものなどが数多く出てきて混乱しているのが現状です。

非中央集権的とオープンソースであることを明記したDappsは、ブロックチェーンを語る上で一つのキーワードになってくるように思います。

Dappasの定義
・オープンソースであること
・オペレーションは中央のコントロールを持たず自動で行なう
・暗号化および分散化されたブロックチェーンを利用していること
・トークンによる経済的やり取りが成立していること
・ユーザ主体で仕様の変更などが行われること

 

イーサエモンの遊び方は下記を参考にするとよさそうです。

イーサエモン: 分散型イーサーモンスターワールド – etheremon – Medium

イーサエモン はイーサリアムネットワーク状に構築された分散型アプリケーションです。イーサーモンスター(イーサエモン)の擬似世界を作り出し、捕獲したり、交換したり、進化させて戦ったりすることができます。 …