スペインのカタルーニャ州独立運動でクレヨンしんちゃんがシンボルとして使われている理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレヨンしんちゃんがスペイン語以外にもバスク語、カタルーニャ語、ガリシア語と四カ国語で放送されているから。

バスク語でもというのは凄い!

クルド人の独立投票、今回のカタルーニャ州の独立運動といい、最近世界各地で民族の独立運動が、高まっていますね。

カタルーニャ州が仮想通貨で『しんちゃん通貨』とか出してくれないですかね。

通貨発行は国家の権威の象徴だったりしたのですが、今なら仮想通貨で非中央集権的な通貨を発行することが出来ます。

そうなれば、スペインの金融政策コントロールから影響を受けにくいので、スペインからの独立が加速したりするのかもしれませんね。

今後、仮想通貨が各地の独立を後押しするようなアイテムに、なるのかもしれませんね。

スペインのカタルーニャ州独立運動でクレヨンしんちゃんがシンボルとして使われている理由

まとめました。 更新日:10月4日01時37分

 

 

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*