Dapp経済圏を拡大促進させる“日本初のAPI取引所”APIbank。優良APIを一括して取引が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

API開発者が個別にソフト会社やAPI提供者と契約や評価テストする手間を簡単に出来、開発効率を高めるためのAPI取引所、SOBAプラットフォームというのが出来るようです。
SOBAプラットフォームの役割はAPI提供者支援、APIマーケティング・販促支援、API開発者支援だそうです。

SOBAプラットフォームは現在のサーバで動作するアプリケーションのAPI向けのサービスというよりは、ブロックチェーン上で開発されるアプリケーション(Dapp)のAPI向けのプラットフォームになりますかね。

今までのアプリケーションは単一の障害に弱く、不透明性が高いのですが、ブロックチェーン技術を利用したアプリケーションDappsは、単一障害がなく、過去のデータを改ざんすることもできないため、アプリケーションの書き換えが今後進むと思われているので、研究室でも話にあがったプロジェクトです。

 

Dapp経済圏を拡大促進させる”日本初のAPI取引所”APIbank。優良APIを一括して取引が可能に | AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア

ここ数年、APIエコノミーという言葉をよく聞くようになった。これは、APIを使ったビジネスという意味で、企業が持つ多くのサービスやデータをAPIによって外部に公開し、それらを他社が利用することによって、大きな経済圏が作られていくというものだ。 しかしAPIに関してはまだ情報が偏っていたり、技術的な整備がされておらず、企業や個人が使用するには不便な状況だという。 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*