ビットコインゴールドに対する各取引所の対応と影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインゴールドを付与するのが、bitflyer、coincheck、btcboxでその中で売買を提供してくれるのはbitflyerだけですね。bitbank、zaif、quoineなどは付与はしないようですね。

 

取引所としては付与しないとユーザが逃げる可能性もあるので、付与するように出来ればしたいというのが本音なのでしょうが、各取引所によって異なる対応となったのはビットコインゴールド側の問題があるようです。

コンセンサス・コードやテスト用のコードも公開されていないみたいですし、ビットコインゴールドのサイトにはリプレイプロテクションしていると書いていますが、githabのソースコードを見る限りではリプレイプロテクションしてないようなのでビットコインゴールドに対して不信感がありますので取り扱わない決定も仕方ないように思います。

ビットコインゴールドはGPUでマイニング出来るようになるので、一部のマイナーが力を持つ可能性もなくなるので、将来性を感じていたのですが運営側に問題があるようなので残念です。

ビットコインゴールド、どうなるんでしょうね。

 

ビットコインゴールドに対する各取引所の対応と影響 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

本日、ビットコイン・ゴールド(BTG)が分岐した。ビットコインの491407個目のブロックより予定通り分岐が行われた。ここでは、国内外の取引所のBTGに対する対応をまとめてみたい。それぞれの取引所では基本方針として、付与の有無を公表をしている。またそれぞれの取引所の対応が及ぼす影響についても触れてみたい。 国内 国外 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*