Facebookが仮想通貨を開発中?7兆円以上のインド送金市場がターゲットとのうわさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はプライバシー保護にまつわる問題で、注目を集めているFacebookですが、独自の仮想通貨を開発中であるとの噂が報じられています。

ブルームバーグによると、Facebookは同社の保有するメッセンジャーアプリWhatsApp上で、送金できる仮想通貨の作成に取り組んでいるとのことです。

なぜ、facebookではなく、WhatsAppなのかというと、Facebookの子会社だということが知られていないため、親会社のプライバシー問題などの評判が影響しにくいことや、WhatsAppが仮想通貨の成功を左右するコミュニティプラットフォームであることです。

同じコミュニティプラットフォームであるメッセンジャーアプリTelgramが、ICOでその市場の有望性から、2000億円の資金調達を達成したのは、記憶の新しいところです。

ましてや、それがWhatsApp人気が高いインド市場となりますと、そのユーザ数や送金を必要とする出稼ぎ率からすると有望な市場にアプローチしていることになります。

子会社が順調に事業を拡大して親会社を支えることは珍しくはありませんが、FacebookもWhatsAppを仮想通貨と送金市場を通じて、主軸の1つに育てようとしているのでしょう。

 

Facebookが仮想通貨を開発中?7兆円以上のインド送金市場がターゲットとのうわさ – Engadget Japanese

Reuters 最近はプライバシー保護にまつわる問題で注目を集めがちなFacebookですが、独自の仮想通貨を開発中であるとの噂が報じられています。 米大手メディアBloombergによると、Facebookは同社の保有するメッセンジャーアプリWhatsApp上で送金できる仮想通貨の作成に取り組んでいるとのこと。そ…

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*