元FRB議長「政府はビットコインを止める」と発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仮想通貨や電子マネーは、現在の国際送金処理の向上につながることは明白だ」とコメント。ビットコインが法定通貨のドルや円にとって変わることを目的としていると考えているので、最終的にビットコインは、政府の規制や介入によって形骸化する。

 

仮想通貨が法定通貨にとって代わることはありえないし、現時点では不可能に近いと思います。
なぜ、仮想通貨か法定通貨かの2択で考えるのでしょうね。

その昔、デジタルかアナログかの論争があった時もどちらがいいか・・の議論がなされたと思います。そして結果的にはその論争自体馬鹿げている世の中になった。

仮想通貨と法定通貨はどちらも大事で、共存する方法を見出さなければ、結局ビットコインが規制介入され、禁止されても新しい通貨や方法は出てくるように思います。

 

政府は政府の仮想通貨を作り、ビットコインと同じことが出来るんだから、なくてもいいんじゃね?を作れるかですね。

ここ数十年を振り返ってみると、世の中を変えてきたのは政策ではなく、テクノロジー技術やサービスだったように思いますので、なかなかそうならないかもしれませんね。

どちらにしても、法定通貨の影響力は徐々に小さくなるように思います。

 

元FRB議長「政府はビットコインを止める」と発言 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

元連邦準備制度理事会(FRB)議長のベン・バーナンキ氏は、将来的にビットコインは政府主導によりその発展が妨げられるとの考えを明かした。一方で、ビットコインに付随する技術、ブロックチェーンについては興味があることを示した。 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*