G20が暗号を規制することができない5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のG20の仮想通貨への対応は、世界中の金融関係者の厳しい規制提案への期待がありながら、どうして規制提案が出なかったのでしょうか?

 

理由その1:差し迫った米中貿易戦争の議題で忙しく、仮想通貨に関する議題は7月に開催される次回のG20にまで持ち越しになった。

理由その2:仮想通貨はボーダレスなため、各国の個別の規制では対応が難しく、統一した規制でないと意味がない。
2017年9月、中国は仮想通貨では市場を引っ張ってく大きな存在でありながら、中国政府は仮想通貨の交換やICOを禁止しました。
その結果、中国の仮想通貨関係のビジネスは取引所を含めて海外に業務を移し、他の国で業務をおこなっています。

理由その3:G20の中規模の国は、仮想通貨に対して受容なため、仮想通貨を禁止したり、厳しい規制制度を課すことは難しい。

理由その4:仮想通貨はブロックチェーンという科学技術を使っているので、G20が科学技術の発展を阻害することはない。
ブロックチェーンは国境を超えた複数のプレーヤーや機関の間で共有されているデータベースであり、非中央集権的で多くの人々が新しくてスケーラブルな意思決定を行なうことができまます。
これはより効率的であり普遍的でかつより民主的な方法だと言えそうです。

理由その5:仮想通貨が今後世の中に与える影響を予測するのは難しく混乱している国が多いのも事実です。
一方は投機的バブルに過ぎないとし、規制しながら見て見ぬふりをし、もう一方はどうやって採用するか模索しています。
多くの国がこれらの中間でその可能性を認識し、この技術が社会に与える影響を理解しようとしながら、慎重に様子見をみています。

 

5 Reasons Why G20 Cannot Snuff Out Crypto – Weiss Cryptocurrency Ratings

The world’s financial authorities were widely expected to propose tough regulation for cryptocurrencies at their G20 meeting this week. Instead, they surprised cryptocurrency investors by doing virtually nothing. Here are the obstacle they will encounter if they try too hard to snuff out crypto. : They’re too busy dealing with an imminent trade war.

     

Posted by はんICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*