Google、仮想通貨広告を日本と米国で一部解禁へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月からGoogleの仮想通貨広告が解禁されることになりました。

仮想通貨を取り巻く状況が変わってきたいい現れだと思いますが、実質、金融庁の認可された仮想通貨取引所の広告だけになりますので、広告を打てるのは15社くらいですかね。

全面解禁ではなく、ICOやウォレット、取引アドバイスについての広告は禁止されたままですが、仮想通貨が一般的になり、今後普及が見込まれるきっかけなると思われます。

今回、Googleが解禁した基準は、金融庁の認可というわかりやすい基準です。

まだ、解禁されていないICOやウォレット、取引アドバイスが、Googleでの広告を解禁してもらうためには、何かの基準を設けたほうが解禁しやすいように思います。

そういう意味ではICOもセキュリティトークン(証券トークン)が認められ、日本仮想通貨交換業協会がのような機関が自主ルールで承認することで、認められるプロセスを踏みそうに思います。

 

 

Google、仮想通貨広告を日本と米国で一部解禁へ

Googleが、6月から禁止してきた仮想通貨関連広告の一部を日本と米国でのみ10月に解禁する。ICOやウォレットなどについての広告は対象外だ。

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*