HTC、ブロックチェーン採用Android端末「Exodus」を年内発売へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月15日にHTCが米国で発表したAndroidスマホ「HTC Exodus」はブロックチェーン端末だそうです。
スマホでからロックチェーンノードにネイティブに参加し、Bitcoin、Lightning Networks、Ethereum、Dfinity上のプロトコル上の仮想通貨の取引をやりやすくするそうです。
ブロックチェーン技術を使って開発されるDAppが今後は増えそうですね。

スマホが直接ノードに参加する方法は、アプリケーションレベルで行なう方法と既存OSでありうAndroidに実装する方法そしてブロックチェーンOSで行なう方法があります。

昨年の12月にICO研究室でホワイトペーパー公開質問させていただき、177億円を調達したSIRINラボはスマホでブロックチェーンネイティブOS開発プロジェクトでした。

ブロックチェーンネイティブOSが実現すると、パーソナルペイ(個人間取引)がかなり便利になると思われますので楽しみですね。

 

HTC、ブロックチェーン採用Android端末「Exodus」を年内発売へ

台湾HTCは5月15日(米国時間)、ニューヨークで米Coindeskが開催したイベント「Consensus 2018」で、ブロックチェーンを採用するAndroidスマートフォン「HTC Exodus」を発表した。このプロジェクトを統括するフィル・チェン氏はCoindeskに、年末までに出荷する予定だと 語った 。 Exodus  以前はVRヘッドセットの「Vive」を担当していたチェン氏は …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*