ICOの換金によるイーサリアムへの意外で深刻な売り圧力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ICO研究室では、無料でICOプロジェクトのトークンがもらえるエアドロップ情報サイト『エアドロマニア』を運営していますが、その8割〜9割のプロジェクトがイーサリアムのブロックチェーンを土台にしたもので、無料トークンを受け取る指定ウォレットもMyEtherWallet(マイイーサウォレット)がほとんどです。

その影響もあり、ICOプロジェクトの資金調達もイーサリアムで行なうものが多く、資金調達したICOプロジェクトの換金による売り圧力でイーサリアムが急落しているようです。

本来、ICOに投資する際にも投資家はイーサリアムを購入し投資しますので、ここまで換金による下落があるとは思ってみませんでした。

イーサリアムの価格を安定させ、可視化でき安心して取引が出来るようにするには、ERCで規格化する必要がありそうに思います。

いくつかのプロジェクトですでに行われているスマートコントラクトを利用し、プロジェクトコミットに対して、段階的に換金できるロックアップ機能や、余ったトークンをバーンする機能を、標準装備するのが求められるように思います。
ERC2000番台とかで将来でて来たりしますかね。

 

仮想通貨イーサリアムが急落-ICO実施企業による換金巡る懸念で

仮想通貨イーサリアムのブロックチェーン技術を活用したイニシャル・コイン・オファリング(ICO、新規仮想通貨公開)は、昨年のイーサリアム急伸の原動力の1つになったとみられているが、今度はそれが下落の原因と考えられている。

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*