ICOの新しい形態ISAO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ISAOはInitial Smart Asset Offeringの訳で、例えば、こういう仕組みで使われます。

不動産デベロッパーがオフィスビルを建設する際、将来のオフィスビルの価値(平米当たりの賃料)をベースにトークンを発行する(ISAO)。トークンを購入した投資家はオフィスビル稼働後に、賃料に応じた配当を受ける。トークンは取引所などで売買できる。

このようなスキームを可能にするプロトコル、Proof of Assetを製品として打ち出してきた会社がBANKEX。

今まではテクノロジーベースの事業者のみがICOを活用してきたのですが、今回のようなプロトコルを使うことで、brick-and-mortar系の事業者もICOを活用できそうになる、ということを売りにしています。

海外不動産によくあるプレビルド物件(建築前に販売される物件)の証券化・小口販売のようなイメージですかね。

 

 

 

 

ISAO as an Alternative to ICO: The BANKEX Solution – CryptoCoinsNews

Get Trading Recommendations and Read Analysis on Hacked.com for just $39 per month. No one can question the important role Initial Coin Offerings (ICOs) have played in allowing businesses was to raise the capital to invest in assets that will allow them to expand and maximize their profits.

 

     

Posted by ひらおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*