ICOの調達金額は2兆円に達するか —— 渋谷「ブロックチェーン・コワーキング」が誕生した理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イーサリアムのヴィタリック氏や、KSK Angel Fund(本田選手自身のファンド)が出資するスマートコントラクト、セキュリティーカンパニーのクオントスタンプなどが、ファンディングメンバーであるブロックチェーンのコワーキングスペース「Neutrino(ニュートリノ)」が、渋谷についにオープンするようです。

ICOプロジェクトの多くはイーサリアムのスマートコントラクトを使っているため、コワーキングスペース「Neutrino(ニュートリノ)」は日本でのブロックチェーン聖地になるかもしれません。

ハッカソン、海外動向のアップデート、技術リサーチミートアップなどの、イベントなどもおこなうようですので、ここを拠点にブロックチェーンへの参入、普及が一気に進みそうそうですね。

プライベートデスクで年間59万4000円という価格は、スタートアップに配慮した価格帯で、「Neutrino(ニュートリノ)の本気度が伝わってくるように思います。

 

ICOの調達金額は2兆円に達するか — 渋谷「ブロックチェーン・コワーキング」が誕生した理由

2018年6月22日、「日本初のブロックチェーン領域に特化したコワーキングスペース」Neutrinoのオープンを記念したお披露目イベントが開催された。イベントには、Omise Japan CEOの長谷川潤氏のほか、スポンサー企業であるみず

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*