ICO案件の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常識的なことですが、最低限これらを確認した上でICOへの参加をすることで、自分のICO投資に対する知識の蓄積もでき、かつ、市場から不誠実な案件を排除することにつながっていくかと思います。

 

1.そのICO案件の存在理由はあるか?:どのような問題を解決するのか?本当にICOを使う必要がある案件なのか?

2.創業者とアドバイザーはどんなメンバーか?:十分な経験を持ったメンバー構成となっているか?また、そのカバー領域は十分か?

3.実行性のあるホワイトペーパーになっているか?:市場分析がきちんとされているか?プロジェクトの位置づけに納得性はあるか?ロードマップは明確か?それらの説明、チャート類はわかりやすいものになっているか?

 

How to Pick a Solid ICO in the Recent Cryptocurrency Flood? – CoinSpeaker

If there’s a day, there will be an ICO. As of November 2017, about 800 ICOs had been conducted, and the trend doesn’t seem to show any signs of declining.

 

     

Posted by ひらおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*