ICOがICOを呼ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

流出したNEMの追跡ではありませんが、ICO研究室でもブロックチェーンをトレースすれば追跡は可能なので、ICOトークンを追跡するツールは今後需要が大きいとの話が出ていました。

これにより、ICO参加者が今後どのようなアクションを起こすのかもわかりますし、ICOの透明性や公平性を高める上でも役立つツールになるかと思います。

なによりこの手のツールを利用することで、ICOに興味がある企業がICOをおこなったときのシミュレーションや同業他社の動向をリサーチすることに役立ちます。

ライバル企業がICOを行い資金を集めることに成功してしまうと、資金力で遅れをとることになりますので、競ってICOで資金を集める流れになりやすい傾向になったりしますかね。

 

PwC、 ICOトークンの追跡ツールを開発 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

大手会計事務所のPwCは、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で発行されたトークンの行方を追跡するための解析ツールを開発している。トークンを追跡し、違法な取引に使われていないかを確かめる。 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*