自律走行が本当に必要なのは、クルマではなく「車椅子」だ──ある四肢麻痺のアーティストからの提言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

確かに車椅子の自動走行を行なうためにはバッテリーの問題、歩道は狭く人もたくさんいるので、人や障害物回避技術、段差走行など避数々の課題を解決しなければなりません。

クルマ自動走行の開発は開発環境を作るのにお金がかかりますが、車椅子での自動走行開発はクルマほどはかからないので、多くのベンチャー企業や研究機関も参入しやすいかもしれませんね。

これだけ多くの重要な開発が見込めるジャンルですから、ICO向きと言えそうに思えます。
研究機関やベンチャー企業が資金調達する時には、いいプロジェクトになったりするのかもしれませんね。

自律走行が本当に必要なのは、クルマではなく「車椅子」だ──ある四肢麻痺のアーティストからの提言|WIRED.jp

クルマの文脈で語られることの多い自動運転技術。もし車椅子で活用できれば、世界中の障害者や高齢者たちの「自立したい」という希望が叶う──。進行性の多発性硬化症を患い四肢麻痺の状態にあるアーティストが、テクノロジーの「真の恩恵」について語り、提

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*