IMFが仮想通貨友好国マルタに警告「ブロックチェーン成長で重大なリスク」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マルタが計画している非中央集権的な銀行Founders Bankの設立もあるためか、IMF(国際通貨基金)は仮想通貨やブロックチェーンに友好的な国として知られるマルタ対し、マネーロンダリングやテロの資金調達で使用される重大なリスクがあると懸念を示しました。

それと合わせて、IMFはマルタの不動産市場、労働力不足も問題と報告しましたが、マルタの成長見通しは依然として好調としています。

 

IMFは昨年10月の「世界経済見通し」の中で、仮想通貨が国際金融システムにおける新たな脆弱性になるとしていますが、仮想通貨を「継続的に進化」する産業とし、理解し最善策をとる意味で、国際社会が中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)の可能性を、考慮したほうがいいとしています。

 

中央銀行発行のデジタル通貨と言えば、ベネズエラのペトロが思い出されますが、とてもうまく行っているとは思えません。

仮想通貨を理解し最善策をとる意味で、中央銀行がデジタル通貨を発行するよりも、マルタのようにブロックチェーン技術の規制枠組みを確立する3法案を可決するほうが、効果的に思います。

IMFが指摘するように、仮想通貨はマネロン問題が懸念されますが、現行通貨である紙幣の方が秘匿性は高いと言えます。

 

IMFが仮想通貨友好国マルタに警告「ブロックチェーン成長で重大なリスク」

マルタで成長著しい仮想通貨・ブロックチェーン業界について、IMF(国際通貨基金)の代表団は、マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金調達にマルタの金融システムが使用されるという「重大なリスク」を生み出しているという懸念示した。

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*