リップル活用のスマホ送金アプリ「Money Tap」発表。住信SBI・りそな・スルガ銀行が参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参加銀行間で、「Money Tap」を利用すれば、個人間送金が可能になるアプリようです。

ウォレットを使えば、個人間の送金は可能なのですが「Money Tap」を使うメリットは、リップル社のRipple Netを使うため、送金が早いのがメリットになりますかね。

送金には手数料がいるようですが、無料でしたら一気に割り勘などまで利用が広がり、マイクロペイメントのプラットフォームになり得たインパクトがあったかもしれないのに残念です。

アルバイト代などの支払いも将来的には可能になるようですが、このあたりはイーサリアムのスマートコントラクトを使うほうが効率的だったりするかも知れませんね。

 

リップル活用のスマホ送金アプリ「Money Tap」発表。住信SBI・りそな・スルガ銀行が参加 – Engadget Japanese

住信SBIネット銀行・スルガ銀行・りそな銀行の3行は、ブロックチェーンを活用したiOS / Android向け送金アプリ「Money Tap」を夏以降に一般公開します。 「Money Tap」は、リップル社のブロックチェーン関連技術を活用した金融基盤に接続する個人間送金アプリです。参加銀行間であれば、電話番号や…

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*