森友問題の公文書改ざんはブロックチェーン技術で防げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の公文書電子管理システムは閲覧もしにくく使いにくいため、どの役所でもただの電子バックアップとしてしか使われていないような状況だと聞きます。

次期システムでブロックチェーン技術を使った形になるとすれば、分散台帳による履歴を含めた改ざん対策が低コストで構築できるため、森友問題のような改ざんは起こらなくなるとは思います。

今のシステム設計の根本にある集約的コントロールを前提とした考え方から、いかに脱却できるかがポイントだったりするように思います。

組織力の強い形がそのまま反映されたシステムになると、ブロックチェーンとは似て非なるものになったりしますかね。

 

森友問題の公文書改ざんはブロックチェーン技術で防げる

森友学園への国有地売却問題で公文書の書き換えが行われたが、ブロックチェーンで管理すれば、検証が容易にできるから改ざんは難しくなる。政治家の圧力から行政の中立性を守る強い防壁になる。

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*