仮想通貨NEM流出、過去最大の被害も影響は限定的との見方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

影響は限定的なのは不幸中の幸いですかね。

今回のことでNEMに注目することになりましたが、ビットコインと違い5分で流出してしまった送金の早さと、追跡プログラムを短期間で実装出来るコミュニティの高さが印象的です。

今年は仮想通貨内で投資多様化が進み、次のビットコイン探しに注目が集まると言われていますが、NEMは送金の早さやコミュニティの高さで注目が集まるかもしれませんね。

草コインを含め、今後発展が見込みやすい仮想通貨は、コミュニティが高さがポイントだとICO研究室は見ています。

NEM以外のNEMのブロックチェーン技術を使った仮想通貨には「mijin」やICOソリューションの「COMSA」も含まれますね。

 

仮想通貨NEM流出、過去最大の被害も影響は限定的との見方

仮想通貨ビットコイン価格が1000ドル(約11万円)以下に下落することがあるとすれば、その理由となるものの一つはハッキングの被害だ。仮想通貨が盗難に遭うケースは、これまでにも多数報告されている。そのうち過去最大規模の被害となったのは、日本の

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*