なぜ相対取引(OTC)をする必要があるのか?その4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相対取引って、ご存知ですか?
仮想通貨の取引は、取引所を介して取引を行うのが一般的で、仮想通貨を買ったり売ったりするには、仮想通貨取引所でしか出来ないと思っている人もいるくらいです。
相対取引とは取引所を通さずに、売り手と買い手が1対1で取引を行う取引で、会う・電話・メール・掲示板・SNSなどで行われているようです。

相対取引が必要な4つの理由
・相場の影響を受け、与えにくい
・スプレッドがかからない
・仮想通貨取引所のセキュリティ不安
・国や地域の規制

相場の影響を受けにくく与えにくい
相対取引であれば現在の相場は余り関係なく、互いの了承さえあれば1BTC=50万円であっても1BTC=100万円であっても取引は成立します。
相場取引で売り市場だったビットコイン相場でも、相対取引では買い注文が多い傾向にあったりします。

スプレッドがかからない
仮想通貨取引所の利益は、行われた取引に上乗せするスプレッドによって生み出されます。
しかし相対取引であれば、取引所を介さないためスプレッドを支払う必要はありません。

仮想通貨取引所のセキュリティ不安
コインチェックのNEMの流出以降も世界各地で取引所のハッキング事件は絶えません。
自らの保管していた現金や仮想通貨が直接被害を受けなくとも、出金停止などのトラブルに巻き込まれる可能性があります。
相対取引は仮想通貨取引所を介さないため、このようなトラブルが起こることはありえません。

国や地域の規制
中国のように、国や地域によっては仮想通貨の取引を禁止しているところもあり、国内の取引所が閉鎖されたところは、マイニングなどで保有している資金は、自ずと相対取引に向かうようになります。

取引所による取引、相対取引の互いの特徴を知った上で、状況に応じて使い分けることができるようになるといいですね。

 

なぜ相対取引(OTC)をする必要があるのか?その4つの理由

仮想通貨の取引は、取引所を介して取引を行う『取引所取引』が一般的です。しかし仮想通貨の取引では取引所取引以外にも取引所を通さずに売り手と買い手が1対1で取引を行う『相対(あいたい)取引』、売り手1人に対して多数の買い手で取引を行う『競売買』などが存在します。今回は『相対取引』について紹介します。 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*