PayPal(ペイパル)がライトコイン(LTC)を導入すると考えられる3つの理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界大手決済サービスPayPal(ペイパル)は、仮想通貨を使い取引の高速化と手数料の低下を、考えているようです。
PayPal(ペイパル)が採用する仮想通貨は決済スピードと手数料が安く、セキュリティでビットコインと非常に似ているライトコインになるのではないかと言われています。

PayPal(ペイパル)のような決済サービス企業は今後、仮想通貨を採用するようになると思いますが、取引スピードや手数料、セキュリティの意味でリップルやイーサリアムでなく、ビットコインネットワークのライトコインを採用したことは今後採用基準になったりするのかもしれませんね。

 

PayPal(ペイパル)がライトコイン(LTC)を導入すると考えられる3つの理由とは?|CoinChoice

今、多くの企業や団体が既存のビジネスに仮想通貨(またはブロックチェーン技術など)を適用できないか検討している。世界大手決済サービス企業のPayPal(ペイパル)も、仮想通貨技術を使うことで取引の高速化と手数料の低下を期待できるとしており、2018年3月にシステムの特許申請を行っている。これにより、多くの人々が「ペイパルがビットコインを使うのではないか?」と推測した。 関連: …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*