米リップル、ブラジル最大手銀行らとの提携を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各国の銀行や金融業界はリップル社のプロダクツソリューションや思想、考え方と相性が良いようですね。

「xCurrent」は中央銀行を始め、金融機関をリップルネットワークを使うためのソリューション。
「xVia」は請求書などのデータも送金できるため一般企業がリップルネットワークと接続するためのソリューション。
そして、ここには紹介されていませんが「xRapid」リップルの通貨であるXRPを利用して、流動性コストを最小限出来る新興国市場向けのソリューションがあるようです。

さすが抜け目がないと言うか、各市場に対して整理されたプロダクトをこのスピードでリリースできるのは、中央集権的なやり方を採用したリップ社ならではで、分かりやすいんだと思います。

「じゃ、XRPが上がるかな?」と私も思いましたがXRPがそんなに動いてないところをみると、「xRapid」じゃないとXRPは使わなくて「xRapid」が普及するときまで、価格は上がらなかったりするのですかね。
それとも期待感から上がったりしますかね。

 

米リップル、ブラジル最大手銀行らとの提携を発表【フィスコ・ビットコインニュース】 | マーケット速報 | 企業情報FISCO

株式投資・企業分析のポータルサイト「FISCO」におけるマーケット速報。 投資情報のフィスコが提供する市況概況、個別銘柄速報など。

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*