ロシア、仮想通貨「CryptoRuble(クリプトルーブル)」を発行へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリプトルーブルはマイニングを行うことができない仕組みとなっている。

また、クリプトルーブルの発行は政府側で管理し、脱税や犯罪など不正によって得た資金などをマネーロンダリング(資金洗浄)できないようにするのが目的。

 

電子マネーとは違うのででしょうか・・。

やはり、政府が発行するので非中央集権的なものにはしないようですね。

世界各国で中央銀行が暗号通貨の発行を検討していますが、クリプトルーブルが一つの基準になるのでしょうね。

EAEC(ユーラシア経済共同体)加盟国のも2ヶ月後に発行するようですが、非中央集権的でない形なら中国も発行しそうですね。

 

ロシア、仮想通貨「CryptoRuble(クリプトルーブル)」を発行へ

ロシア政府が独自の仮想通貨「CryptoRuble(クリプトルーブル)」の発行をすることが分かった。非公開の会議でプーチン大統領が決定し、これをニコライ・ニキフォロフ通信情報大臣が発表した。 仮想通貨といえばビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などが代表的だが、今回ロシア政府によって発行されるクリプトルーブルは、従来の投資先としての仮想通貨とは性質が異なるもののようだ。 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*