SBI、仮想通貨「c0ban」のLastRootsに出資—— 生き残り賭けるみなし交換業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LastRootsはPR動画の視聴と引き換えに、LastRootsが発行するc0ban(仮想通貨)が付与され、飲食でも支払いに使える、PRと消費をより関連付けたトークンエコノミー活動の方が有名です。

LastRootsはみなし業者でもあるため、金融庁から経営管理態勢の構築や、利用者財産の分別管理などの業務の改善を命じられていますが、金融機関並みの運営体制のため、SBIホールディングスから、出資や役員を受け入れるようです。

セキュリティトークンによるICO(STO)が認可される可能性も高く、発行されたトークンは証券取引所のように、金融庁が認可した取引所のみで売買できるようになると予想されています。
仮想通貨取引所の役割も、大きく変わろうとしているのかも知れません。

日本はいち早く仮想通貨を法規制によって明確にしたことで、仮想通貨で進んだ国だと世界に印象づけましたが、フェインテックの新しい概念を古い法律に当てはめるため、結果的に規制が厳しくなり、多くのICOプロジェクト、ブロックチェーン技術を海外に逃している状況です。

取引所申請が200社待ちと聞きますが、そのうち何社が取引所として認可されるのでしょうね。
ほとんどが海外に行ってしまったりして・・orz

 

SBI、仮想通貨「c0ban」のLastRootsに出資– 生き残り賭けるみなし交換業

日本発の仮想通貨c0ban(コバン)を展開するLastRoots(東京都中央区)は、ネット証券最大手SBIホールディングスの出資を受けた。SBIホー…

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*