詐欺コインの定義、そして草コイン投資で損しないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ICOトークンが草コインとなり、お金を集めることだけを目的としたものが、スキャム(詐欺)コインとなります。

お金を集めることだけが目的になったICOには下記のものがそれに当たります。
・そもそも開発がされない(する意図がない)もの
・ビジネスモデルが永続性がないもの
・ネットワークビジネス(連鎖販売)またはその筋のひとの関与
これらをホワイトペーパーから見極めることも必要ですが、ICOが健全に行われるようにするには、ICOトークンのその後も追跡し、草コインとなったコインがどのようになっていったか、トレース出来るようにする必要がありそうですね。

ICO研究室ではICOを健全な資金調達の方法にするためにも、草コインにも注目する必要があると考えています。
そして、安心して長期保有出来る草コインが、増えることが望ましいですね。

詐欺コインの定義、そして草コイン投資で損しないために|CoinChoice

仮想通貨市場が活況です。お正月休みもなんのその。2018年に入ってもその勢いは衰えず、記事執筆時点では100兆円に至ろうかという状況。とんでもない市場拡大速度です。 参考:https://coinmarketcap.com/charts/ と同時に、詐欺コイン、あるいは草コインの価格も上昇しています。価格が上昇すると注目が集まり、さらなる価格上昇ループに入るような状況です。 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*