中止されたSegwit2Xハードフォークにバグが発見される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Segwit2xのハードフォークが予定通り行われていたら、ハードフォークをする予定のブロックがズレていたため、ユーザーに付与するコインの数量などにもズレが生じていたかもしれないそうです。

ハードフォークをする場合はオープンな環境で開発が進められ、テストレビューを重ねることを必須としてほしいですね。

今回は本当に中止になって良かったです。

中止されたSegwit2Xハードフォークにバグが発見される | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

Segwit2Xハードフォークは、ビットコインの494784個目のブロックがマイニングされる11月16日頃に起きる予定だったが、その約一週間前に突如としてキャンセルされていた。今回のハードフォークは、ビットコインのブロックサイズを1MBから2MBへと引き上げることを目的とされていた。 …

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*