Tezos問題からICOのあるべき姿を考える(事業の執行を担保する仕組みが必要)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワイトペーパーで約束している事業を、誠実に実行する仕組みが担保されていないICOには参加すべきではないと思います。

ICO実施者はホワイトペーパーに下記の2点を含めるべきだと思いますし、ICOへの参加者も下記の2点はチェックすべきだと思います。

①事業が適切に誠実に執行されているかを監査する体制

②監査上問題が生じた場合の措置とトークン保持者の権利

【重要】すべてのICO投資家は、この事件の今後の進展に注目せよ! Tezos(テゾス)ICO、今度はフロリダ州で集団訴訟が起こされた : Market Hack

Tezos(テゾス)の創業者、キャスリーン・ブライトマン、アーサー・ブライトマン夫妻を相手取って フロリダの投資家、デビッド・シルバーがフロリダ連邦地方裁判所に集団訴訟を申請 しました。 既に11月4日にカリフォルニア州でも同様の集団訴訟が提訴されているので、今回は2件目です。 …

 

     

Posted by ひらおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*