TokenSky Tokyo2018出展企業レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【TOUREX】
カンボジアの仮想通貨取引所Coinyexに、2018年夏の上場が決まっている決済向けのコインTOUREXCOINは主要仮想通貨(ビットコイン、イーサリアムなど)よりもボタリティを抑えた仮想通貨で、ペッグ通貨ではないのですが、いくつかの取引所での差額から価格を抑えるそうです。
アビトラージを逆手に取ってボラティリティを抑える方法は面白そうですね。

 

【Jedpay】
Jedpayは旅行先などで使用できるの決済システムのようです。

 

【ICO Market】
最近、ICO専用メディアとしてがんばってらっしゃるICO Marketさんも出展されていました。
ICOMarketのサイトにあるプレセールなどのやり方は、これからICOを始められたい方にはわかりやすく、「各コインのレート計算機」は便利ですよね(^0^)

 

【@BLAST】
1700種類以上もある仮想通貨と一般の方と接点が少なく広がっていないため、@BLASTではeスポーツのイベントを通じて、一般の方に広げていく支援をしていくそうです。
仮想通貨が使われるようになるためには、コミュニティの高さがポイントとなりますが、少しづつ認知度があがりつつあるエアドロップをもう一歩進めて、アクティブにアプローチするいい方法ですね。
@BLASTでは仮想通貨のプロモーション活動をはじめ、ホルダー増加支援や使われ方までおこなっていくようです。


マックスむらい氏さん♪

 

【BETENCORE】
韓国からの出展でカジノに特化したブロックチェーンプラットフォームです。
カジノ系のプラットフォームといえば、ファンフェアやカルダノエイダなどがありますが、BTENコインはスマホやWebアプリ向けのオンラインカジノの仮想通貨のようです。
カジノはBTENを始めBTCやETHなどでも、賭けることできるようにするそうです。
プレセールは8月6日〜で、プライベートセールが7月25日までのようです。
まだダウンローでしてゲームを楽しめる段階ですが、取引所への上場も決まっているようですので、ある程度の利用ユーザ数がすでに見込まれているからなのでしょうね。

 

【CROSS】
今回、出展されていた中で一番ひとだかりだったのがCROSSさんのブースです。
面白かったのはブロックチェーン技術ではなく、国際特許取得済みの電子割符技術による秘密鍵を分割し、データを分散化する技術でセキュリティに高いハイブリット分散取引所を開設するようです。
この技術を使うと1秒間に4000回以上の処理が可能だそうで、セキリティに高いブロックチェーン技術をあえて採用しない方法で、処理速度も改善する発想はユニークであり、セキュリティに強い分散取引所をもう一歩進めた取引所になりそうな感じです。
これの処理速度でしたら、WalletのOEMサービスも提供できますね。
金融庁の規制もあり、アゼルバイジャン共和国で取引所ライセンスを取得済みなようです。

 

【KIZUNA】
アスリートとファンと企業をつなぐタイプのSNSサービスで、アスリートを支援、ファンとの交流、そして企業との連携でアスリートを育てていくプラットフォームです。
たくさんのマイナースポーツがあり、アスリートがアルバイトをしながら、遠征費用など自費でおこなっているものもたくさんあります。
そういったアスリートにとっては競技活動が改善されるプラットフォームになるように思います。

KIZUNAは多数の企業と連携しているようですので、この中から新しいスポー関連商品の開発なども出てきたりするのかも知れません。
具体的なICOについてはまだこれからのようです。

1000万人の登録者数を目指しているようですが、2020年の東京五輪もありますので早い段階で達成できそうに思います。
ICOの日程はこれからのようですが楽しみなプロジェクトと言っていいと思います。

 

【COLOR BAY】
ColorBay専用アプリで絵を書くとその過程も記録してくれます。
他人の描き方が見えるのはスキルを上げる上で参考になりますので、過程までもを作品として扱うのは価値はあるように思います。
このアプリは以前からありましたが、制作過程に価値をもたせ売買できるようにするために、CLBトークンでの売買出来る機能をつけ強化したようです。

 

【ACA Network】
ACA Networkは韓国の企業ですが韓国は規制が厳しいため、ICOはエストニアでおこなうようです。
オンライン広告でのBotなどによる無駄な広告費の支払いや、オンライン広告代理店による不透明な広告費を、ブロックチェーン技術を使うことで、透明なオンライン広告の取引プラットフォームを構築するようです。

 

 

【RoundTable】
EXCoが開発しているチャットシステムRoundTableは、ユーザーが任意のコミュニティを作成でき、コミュニティ内ではチャットで会話が可能なシステムです。
ユニークなのはERC系(20/223/721)のトークンをチャットルームへの入室制限に利用し、チャットの質を高めるのにトークンを利用している点です。
イベントチケットとしてトークンを利用することで、転売不能なチケットとしての活用が可能となりますが、このRoundTableを使うことでファンとアーティストの限定交流を作ることも可能となります。
ブロックチェーン技術を使うことで、今まで出来なかったアーティストとファンとの交流やイベントなどの新しい形がここから見えてくるように思います。

 

 

【Cosplay Token】
Cosplay Tokenは、72万人を超えるコスプレプレイヤーの方々が写真を投稿しているサイトCure World Cosplayにトークンエコノミーを導入し、コスプレプレイヤーがオリジナルトークンを発行し、投げ銭などでユーチューバーのようにマネタイズ出来るようにするプラットフォームです。

ハードキャップ(販売上限枚数)に達しなかった売れ残りトークンをバーン(焼却)したり、チームが保有しているトークンをロックアップしたり、COTトークンの価値が下がらないように工夫されていて好感が持てます。

6月22日から30日までコスプレイヤーの投票、テレグラムのIDと居住国、マイイーサウォレットのアドレスを入力することでCOTトークンがもらえるエアドロップを開催していましたが、エアドロップによるテレグラム参加者は20万人を超えたようです。
やはり、投票といったイベントと併用したエアドロップは、成功しやすのかも知れませんね。

 

 

【高千穂交易株式会社】
GPUボードのマイニングシステムの展示をおこなっていました。
日本でもマイニング需要は高いようで、既存、および新規の太陽光パネル設置との組み合わせでの形が増えてきているようです。
太陽光の売電価格が下がってきていますので、こういった形のものが増えてくるのかも知れません。
また、ASICボードではなく、GPUボードの需要が高いのはマイニングする仮想通貨をソフトウエアだけで変更できる点、またマイニングから撤退してもAIプールとしても使うことが出来るためだそうです。

 

【AcuteAngelCloud】
トライアングルホストはリビングにも置けるAACコインをマイニングするマシンです。
一瞬マイニングマシンには思えないフォルムですよね。
このトライアングルホストのマイニングマシンの価格は16万円で、今だと月4万円分くらいACCコインのマイニングが出来るようです。
トライアングルホストのユーザが増えると、マイニング報酬は減るようですので注意が必要です。

トライアングルホストが100万台の販売台数に達すると1エクサバイト(100万テラバイト)以上のストレージスペースを共有所有することになるようです。
私の中ではまだ、マイニングされるACCコインとストレージスペースとの関係がまだ理解できていないのですが、10月か11月には渋谷にSHOPもオープンするようですので、その機会に確認してみたく思います。

 

【SPINDLE】
日本人のホルダーも多く、Gacktコインとも呼ばれるスピンドルですが、ここ最近の複数の取引所への上場スピードは目を見張る者がありますね。
スピンドルは独自チェーンへの開発予定がこの夏以降から始まるそうですので、スピンドルプロジェクトの今後の展開に注目して行きたく思います。

 

【Aipex】
ハイブリッドマイニングシステムは特殊な液体に機器をまるごと沈め、冷却する液浸ASICと液体を霧状で噴射し冷却をおこなう液冷GPUがあるようです
ASICは集約率が高いため、液に浸す必要があるそうですが、GPUボードでは集約率が低いため、噴射冷却で可能となり冷却液が少なくてすむようです。
ユーザはマイニングボードを購入しマイニングを始めようとすると、ASICボードでマイングするかGPUボードでマイニングするか選択しなければなりませんが、ハイブリットマイングシステムでは、チップを入れ替えることができるそうです。
価格は1台980万円ほどしますが、冷却電気代や故障率が軽減させるので、事業として検討されるにはいいかもしれません。

 

【VReS】
話題のテクノロジーといえば、AI、VR、AR、そしてブロックチェーンですが、VReS(ヴィーアールエス)はVRとブロックチェーンそして今話題のeスポーツを組み合わせメメインセール7月31日までのICOをおこなっているようです。
写真のようなアーケードVRはリピータが少ない上にメンテナンスコストが高く、なかなか利益が出にくく、ハードが導入がなかなか進まない問題があるそうです。
VReSではICOで資金調達した1部の資金で、無償で設置しゲームセンターとともに、普及させるモデルを考えているようです。
また、VReSが開発したロケーションVRによるeスポーツ大会の開催を予定し、勝者を予測し賭けたりすることも出来るようにするようです。
また、今回のICOで余ったトークンは大会での賞金になるそうで、ICO企業の多くが発行予定で余ったトークンを、バーンする中、裾野を広げるいい方法かもしれませんね。

 

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*