UAE のICO規制から予測する2019年の日本のICO規制の姿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各国はICOへの規制を早くから明確にし、ICOプロジェクトの誘致によるブロックチェーン技術の拠点と投資マネーを呼び込もうとしています。

それはUAEも例外ではなく、来年の前半にアラブ首長国連邦証券取引所(SCA)がアブダビ証券取引所とドバイ金融市場と協力して、ICOのためのプラットフォームを構築するとしています。

規制を明確にし、ICOプロジェクトを呼び込むには、規制をわかりやすくするために、規制をサンドボックス化しますが、それを具現化したのが、ICOのためのプラットフォームと言えます。

日本では109億円を調達したICOプラットフォームのCOMSAがあり、β版のテストネット「COMSA CORE」が先日公開(12月18日〜1月31日)となりましたが、UAEのような国をあげてのICOプラットフォームではなく、日本でのICO規制をサンドボックス化したICOプラットフォームとは違います。

日本のICO規制は配当等のインセンティブトークン(セキュリティトークン)に該当するICOは金商法で厳しく規制し、それ以外のユーティリティトークンは資金決済法で規制されることが決まり、来年の通常国会に改正案として提出されるのが決まった状況です。

来年の通常国会で改正されるとUAEのように、東京証券取引所と運営している株式会社日本取引所グループと日本取引所自主規制法人が、日本のICO規制サンドボックスに準じたICOプラットフォームを立ち上げる流れとなると思われます。

UAE to finalise initial coin offering regulations in mid-2019, regulatory says

Companies issue cryptocurrency tokens to investors in an ICO, similar to shares sold in an IPO The UAE’s Securities and Commodities Authority will introduce regulations for initial coin offering (ICO) in the country by the end of the first half of 2019, a move aimed at providing companies another avenue to raise capital through crowdfunding.

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*