東京の「鯨」、ビットコイン430億円売却-残る2000億円相当も放出へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

430億円、こちらはマウントゴックスの話です。

破産財団はまだ2000億円相当の仮想通貨を管理しているらしく、ネガティブすぎる情報ですがそれを売却できるほどの市場に成長したのもすごいことだったりしますかね。

 

東京の「鯨」、ビットコイン430億円売却-残る2000億円相当も放出へ

破産した仮想通貨交換業者、マウントゴックスの管財人を務める小林信明弁護士は7日、破産財団に属するビットコインとビットコインキャッシュ約430億円相当を昨年9月下旬以降に売却したことを 明らか にした。   財団はさらに2000億円相当の仮想通貨を管理しており、債権者への弁済のためこれらも放出することを検討する。   一時は世界最大のビットコイン交換業者だったマウントゴックスは2014年、ハッキングによって85万ビットコイン(当時のレートで約480億円)を失い、その後に20万ビットコインを取り戻したが破産申請に追い込まれた。   小林弁護士は残りの仮想通貨売却についての戦略を明らかにしていないが、これまでの分についてはできる限り高価格での売却に努めたと説明している。マウントゴックスのウェブサイトに掲載した報告に基づくと、昨年9月以降のビットコイン売却の平均価格は約107万円。 原題: Bitcoin’s Tokyo Whale Sold $400 Million and He’s Not Done (1) (抜粋)

     

Posted by とみおICO研究員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*